ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「オリエンタルホテル京都 六条」2019年11月1日開業

「オリエンタルホテル京都 六条」2019年11月1日開業

投稿日 : 2019.07.10

新規ホテル情報

ホテルマネージメントジャパンは、2019年11月1日に京都市下京区六条に「オリエンタルホテル京都 六条」(166室)を開業する。京都市下京区ホテル展開状況と合わせてお送りする。

デザインコンセプト「茶庭の露地と灯り」

出典:ホテルマネージメントジャパン

同社は「日本の本質的価値の探求」をホテルのコンセプトとして、安心・安全・おもてなし・品質・美意識の5つの要素から、日本国内を旅する旅行者に向けて、地域性を活かした価値体験への期待に応えるホスピタリティを提案したい考え。

京都の伝統文化として育まれ、客人をもてなす「茶庭」の文化をモチーフに、ロビーラウンジには茶室へと続く「露地」をテーマとした空間をデザイン。その仄暗い露地を茶室に向けて提灯の灯りに導かれ、茶庭の佇まいと「灯り」の演出が一連の流れで続くことで、京都らしいここにしかない世界観に浸ることができる。

客室は15.8〜42.56㎡の全166室で、1〜3名まで多様なグループでの滞在ニーズに応えられるダブル、ツイン、トリプルの3タイプを用意。共用部と同じ行灯をモチーフにした照明で照らし出す客室の中には、テーブルと収納を兼用する「道具箱」を備え、茶器や客室備品をすっきりと収納でき。整理整頓や省スペースに長け、簡素で飾らない道具に美しさを見出す、日本人の価値観を体現しているという。

上層階に設けられたスイートルームには、ロビーラウンジと同様の「茶庭」をモチーフにした屋外空間があり、庭を見つめながら時のうつろいを体感できる客室として特徴をもたせている。

出典:ホテルマネージメントジャパン

【同ホテル 概要】
所在地:京都市下京区油小路通六条上るト味金仏町181番
施設規模:地上5階 延床面積5,608.30㎡
客室数:166室(ツイン141室/ダブル4室/キング17室/ジュニアコーナースイート1室/コーナースイート2室/ユニバーサルツイン1室)
レストラン:82席 / 朝食7:00~10:00 (LO 9:30) カフェ&ラウンジ14:00~22:00 (LO 21:30)
アクセス:京都市営地下鉄烏丸線五条駅4番出口徒歩9分

出典:ホテルマネージメントジャパン

京都市下京区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、京都市下京区には宿泊施設が691、部屋数にして17,796室が提供されている。

新規開業予定は26施設、部屋数にして4,196室が新たに供給される見込み。

客室数トップ20は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

日本全国市区町村、ホテル部屋数ランキング(2019年7月)

京都府ホテル展開状況(2019年7月現在)

宿泊型ミュージアム「BnA Alter Museum」京都に開業

エスペリアホテル京都、2019年4月25日開業

関連記事