ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 沖縄県ホテル展開状況(2019年1月現在)

沖縄県ホテル展開状況(2019年1月現在)

投稿日 : 2019.01.04

沖縄県

ホテル統計データ

2019年1月初め時点の沖縄県のホテル展開状況(県内自治体ごとの施設展開数、客室数、2018年における増減数など)をお伝えする。

那覇がトップ、石垣、宮古島が3位、4位に

メトロエンジンリサーチによると、2019年1月初め現在、沖縄県には宿泊施設が2,500、部屋数にして49,019が提供されている。

2018年1月初め時点では、宿泊施設が2,398であり、施設数にして102が新たに開業、4.3%の増加となった。また、部屋数では2018年1月初め時点で、46,637室であり、2,382室が1年間で新たに供給され、5.1%増加した。

県内各自治体の部屋数、施設数は以下の通り。

(1−10位)

(11ー17位)

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

北海道ホテル展開状況(2019年1月現在)

神奈川県ホテル展開状況(2019年1月現在)

京都府ホテル展開状況(2019年1月現在)

大阪府ホテル展開状況(2019年1月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年1月現在)

沖縄がハワイを超えたー台湾人が外客数トップ

関連記事