ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 小田急、新宿エリアで傘シェアリングサービス

小田急、新宿エリアで傘シェアリングサービス

投稿日 : 2019.08.08

東京都

バケーションレンタル

小田急電鉄と小田急不動産は、2019年8月14日(水)から新宿駅周辺にて、株式会社 Nature Innovation Groupが運営する日本最大の傘のシェアリングサービス「アイカサ」を導入し、試験運用を開始する。

アイカサとは、傘を“好きなときに借りられ、どこでも返すことができる”シェアリングサービスで、傘を持ち歩かない生活を目指すもの。

今般、沿線への展開に向けた試験運用と位置づけ、新宿駅や駅周辺で両社が運営する商業施設、オフィスビルなど10ヵ所にアイカサのレンタルスポット(傘立て)を設置。

雨の日における新宿エリアでの移動を便利なものとする。シェア傘の利用促進は、傘の持ち歩きの手間からの解放とともにビニール傘の使い捨て削減につながる。

駅前をはじめとした街の美観を保つほか、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の目標12「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」に適った、廃棄物の削減に寄与する。

今後は、同試験運用における利用状況等を検証し、小田急線沿線における運用の拡大を目指すという。

利用料金は、1日70円で24時間以内であれば何回傘を借りても同料金で利用できる。同月内であれば最大で420円で使い放題となる。

出典:小田急

【合わせて読みたい】

小田急、オープンな共通データ基盤「MaaS Japan」連携拡大

三井住友海上と小田急「MaaS×保険」に関し協業

小田急ロマンスカー、プラスチック製ストロー使用廃止

関連記事