ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 三井住友海上と小田急「MaaS×保険」に関し協業

三井住友海上と小田急「MaaS×保険」に関し協業

投稿日 : 2019.05.20

指定なし

ホテル関連ニュース

三井住友海上火災保険株式会社および小田急電鉄株式会社は、MaaS(Mobility as a Service)と保険を組み合わせた新たな仕組みとなる「MaaS×保険」に関する協業取組を開始することに合意した。

まず、2019年末までに実施予定の小田急電鉄が開発するMaaSアプリケーションの実証実験に、三井住友海上がMaaS向けの保険を提供する。

三井住友海上および小田急電鉄は、「MaaS×保険」の実現によって、MaaSを利用する顧客に、自由で快適な移動に加え、万一の際の安心・安全を提供し、社会や地域の持続的な発展に貢献していく考え。

三井住友海上は、MaaS等のモビリティ革命に対応する体制強化を図るため、モビリティサービスに関する最新技術やビジネスの変革に関する情報収集およびその動向分析を行い、新たなビジネスモデルや保険商品・サービスの企画・提案を行う専門部署を2019年1月に新設した。

小田急電鉄は、小田急グループが保有する多様な交通サービスや生活サービスを、パートナーと連携しながらシームレスに連動させ、1つのサービスとして利用者に提供するMaaSの実現を目指している。

昨今、MaaSをシームレスな交通サービスとして捉えるだけではなく、多様なサービスと組み合わせ、付加価値を高める考え方が浸透しつつある。

両社は、MaaSと保険商品・サービスの組合せにおいて検討を重ね、「MaaS×保険」の実現により利用者へ安心・安全を提供し、MaaSの付加価値向上を図ることができるとの認識で一致したという。

小田急電鉄が開発するMaaSアプリおよびアプリ上で提供するMaaS関連商品・サービスにおいて、移動や日常生活シーン・観光シーンで安心・安全を提供し、事業者の安定的かつ積極的な事業運営を可能にするため、両社で連携して保険商品を開発する。

【合わせて読みたい】

小田急、オープンな共通データ基盤「MaaS Japan(仮称)」開発

「小田急MaaS」に関する企業間連携

JTBと未来シェア「観光型 MaaS」推進へ資本業務提携

三菱地所「オンデマンド通勤シャトル」MaaS実証実験

JR東日本、伊豆エリアで日本初の観光型MaaS実証実験

関連記事