ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 日本旅行、2018-2019年、年末年始の旅行動向発表

日本旅行、2018-2019年、年末年始の旅行動向発表

投稿日 : 2018.12.08

指定なし

ホテル関連ニュース

日本旅行は、年末年始(国内:2018年12月25日~2019年1月4日宿泊、海外:2018年12月25日~2019年1月3日出発)の予約状況から、人気の方面や旅行動向をまとめた。

国内旅行は北海道、首都圏、信越が人気

都道府県別人気上昇ランキング(前年比)
<1位>北海道
<2位>新潟県
<3位>東京都
<4位>千葉県
<5位>和歌山県
・1位は北海道。「平成30年北海道胆振東部地震」の影響から観光需要の早期回復を図る「北海道ふっこう割」等により、前年同期比が約1.5倍となった。
・2位は新潟県。JR6社が地元観光関係者や自治体、旅行会社と協力して展開する大型観光キャンペーン「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(新潟県・庄内エリアDC)」の前年にあたり、年末まで「プレDC」が開催され注目度が高まっている。
・3位の東京都と4位の千葉県は、東京ディズニーリゾート®35周年の好影響が大きく反映されている。
・エリア別で見ると、北海道、首都圏に続いて、軽井沢エリアの専用商品が好調な信越方面、かにを始め冬の味覚が楽しめる北陸方面も人気。年末年始を含め、これからの季節はスキー、スノーボードもオススメとなっている。

都道府県別人気ランキング(宿泊者数)
<1位>千葉県
<2位>東京都
<3位>大阪府
<4位>北海道
<5位>沖縄
・昨年に続き、千葉県が1位。東京ディズニーリゾート®35周年で、さらに人気が高まっている。

海外旅行はスペイン、フランス、タイ、グアム、カンボジアが人気

【海外旅行】
人気上昇ランキング(前年同期比)
<1位>スペイン
<2位>フランス
<3位>タイ
<4位>グアム
<5位>カンボジア
<6位>ベトナム

人気ランキング(旅行者数)
<1位>グアム(昨年3位)
<2位>台湾(昨年1位)
<3位>韓国(昨年2位)
<4位>タイ(昨年8位)
<5位>ベトナム(昨年5位)
<6位>シンガポール(昨年4位)
・1月4日(金)を休むと9連休となる年末年始はヨーロッパが好調で、対前年同期比で約1.3倍、人気上昇ランキングではスペインが1位、フランスが2位。
・ヨーロッパ方面の出発ピークは12月29日だが、12月26日から28日にかけても多くの顧客が出発。
・アジア方面の出発日ピークは12月29日・30日の他、12月26日や1月2日・3日にも“山”が見られる。
・グアムは、昨年に続きチャーター便を設定、対前年同期比も伸びて旅行者数で1位となった。

【合わせて読みたい】

JTB、年末年始、国内・海外旅行ともに長期休暇で増加へ

『じゃらん』年末年始 国内旅行、人気旅行先ランキング

阪急交通、年末年始の海外・国内旅行の予約動向

阪急交通、クリスマスの海外旅行先ランキング

関連記事