ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ニュータウンにおける自動運転サービス

ニュータウンにおける自動運転サービス

投稿日 : 2018.12.19

指定なし

東京都

兵庫県

ホテル関連ニュース

国土交通省・内閣府は、今年度実施する『ニュータウンを対象とした公共交通ネットワークへの自動運転サービス』の社会実装に向けた実証調査を広く公募し、この度実施主体を決定した。

自動運転を活用した公共交通サービスの導入へ

同調査は、昭和40~50年代に大量に供給された郊外住宅団地(ニュータウン)における公共交通ネットワークへの自動運転サービスの社会実装に向け、実証調査等を行い、自動運転を活用した公共交通サービスの導入に向けた課題の整理を行うもの。

今般、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動運転(システムとサービスの拡張)のプロジェクトの1つとして、管理法人の国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)において平成30年10月5日(金)~11月5日(月)の間公募を行い、提案された8者について、外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、以下の二件に調査主体を決定した。

「東京都多摩市」

・調査主体 日本総合研究所、京王電鉄バス株式会社

・ニュータウン、地区名 多摩ニュータウン、諏訪・永山団地

「兵庫県三木市」

・調査主体 日本工営株式会社

・ニュータウン、地区名 緑が丘ネオポリス・松が丘ネオポリス、緑が丘・青山地区

【合わせて読みたい】

JR東日本大船渡線BRTにおけるバス自動運転の技術実証

国土交通省、鉄道自動運転導入の技術的要件の検討開始

ファミマ、岡山県和気町でドローン活用荷物配送検証実験

ドローンを用いた荷物配送、実用化進む

「空飛ぶクルマ」の実現に向け、官民共同でロードマップ作成

関連記事