ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ファミマ、岡山県和気町でドローン活用荷物配送検証実験

ファミマ、岡山県和気町でドローン活用荷物配送検証実験

投稿日 : 2018.11.29

岡山県

ホテル関連ニュース

株式会社ファミリーマートは、「和気町ドローン物流検証実験協議会」が、12月1日(土)から、岡山県和気町で開始するドローンを活用した荷物配送検証実験に参画する。

出典:国土交通省

生活品等の配送を、主に河川上空を飛行するドローンで実施

これは、ドローンによる荷物配送モデルの早期実用化に向け、国土交通省・環境省の連携事業「平成30年度CO2排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した配送実用化推進調査」として全国5地域で順次進められている検証実験の一つとして実施するもの。

ファミリーマートは、商品供給の側面などで参画する。

【検証実験概要】

1. 実施日時

12月1日(土)~12月14日(金) 午前9時~午後16時

2. 検証実験内容

和気ドーム(岡山県和気郡和気町益原681-1 和気町益原多目的公園内)の駐車場から約10㎞(飛行時間約15分)の距離にある津瀬地区との間において、現状自動車で実施している生活品等の配送を、主に河川上空を飛行するドローンで実施。

3. 使用機体

AeroRange2 (メーカー:株式会社エアロジーラボ)

出典:国土交通省

4. 協議会の構成員

・株式会社Future Dimension Drone Institute

・和気町

・和気商工会

・岡山東農業協同組合

・買い物サポートさえきユーザー会

・和気町区長協議会

・和気町津瀬区

・慶應義塾大学名誉教授

・株式会社ファミリーマート

・株式会社エアロジーラボ

・関西テレビ放送株式会社ほか

メトロエンジンリサーチによると、岡山県和気町には宿泊施設が5部屋数にして61が提供されている。

【合わせて読みたい】

ドローンを用いた荷物配送、実用化進む

「空飛ぶクルマ」の実現に向け、官民共同でロードマップ作成

関連記事