ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR東日本大船渡線BRTにおけるバス自動運転の技術実証

JR東日本大船渡線BRTにおけるバス自動運転の技術実証

投稿日 : 2018.12.08

岩手県

ホテル関連ニュース

JR東日本は管内の大船渡線BRT において、BRT専用道を用いて、車線維持制御実験、速度制御実験、正着制御実験、交互通行実験などを行うことで、バスの自動運転の技術実証を行う。

同実証実験では、自動運転を行う上での課題解決に向け、 JR 東日本管内のBRT専用道で自動運転実験用バス(先進モビリティ保有:日野リエッセ)を使用し、バスの自動運転の技術実証を行う。

実験の概要は以下の通り。

(1)車線維持制御実験および速度制御実験

・BRT専用道上に設置した機器(磁気マーカ)の情報を高感度磁気センサ(MI センサ)で読み取り、自車位置を正確に特定することで、専用道上を円滑に走行する実験を行う。

・車両のアクセルとブレーキを自動制御し、BRT専用道上を最高40km/hで走行し、決められた位置でスムーズに停止する実験を行う。

出典:JR東日本

(2)正着制御実験

・磁気マーカの情報を読み取り、自動で BRT 駅のホームに寄せて停止する実験を行う。

出典:JR東日本

(3)無線を用いた信号制御による交互通行実験

・車両の位置情報を無線でやりとりすることで、車両1台分の幅のBRT専用道を、自動運転バスと対向車両とが交互に通行するための実験を行う。

出典:JR東日本

【合わせて読みたい】

国土交通省、鉄道自動運転導入の技術的要件の検討開始

ファミマ、岡山県和気町でドローン活用荷物配送検証実験

ドローンを用いた荷物配送、実用化進む

「空飛ぶクルマ」の実現に向け、官民共同でロードマップ作成

関連記事