ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新規ホテル情報 > ワーケーション需要を集客しているホテルって?方法を解説

ワーケーション需要を集客しているホテルって?方法を解説

投稿日 : 2022.02.21

新規ホテル情報

ワーケーション需要を集客できているホテルのポイントって?費用や自治体の施策も徹底解説!

新型コロナウイルスの感染拡大は、社会のあらゆる事柄に影響をもたらしました。
その中でも大きな影響を受けた働き方は、多くの人が通勤をしてオフィスなどの限られた場所で働いていた従来の姿に対して、テレワークなどによる在宅勤務をはじめ、場所にとらわれない形がポピュラーになりました。

これを背景に、休暇を楽しみながらテレワークで働く「ワーケーション」というスタイルにも注目が集まっています。しかし、特徴的な働き方であるために、環境整備が整っていない事業者もまだまだ多いのが現状です。

そこでこの記事では、以下の内容について解説します。

  • ワーケーションとは?
  • ワーケーションに選ばれるホテルのポイント
  • ワーケーション施設に必要な設備にかかる費用
  • ワーケーションを事業者に推進する自治体の動き
  • 上手にワーケーション利用されるためのポイント
  • おすすめの集客方法

需要が高まり続けているワーケーションに対して、事業者として適切な集客アプローチを進めるための情報について知りたい方はぜひご覧ください。

ワーケーション とは?

ワーケーションとは、働くを意味する「Work」と、休暇を意味する「Vacation」が組み合わせられた言葉で、オフィスや自宅などからは離れた観光地で、休暇を楽しながら仕事にもテレワークで参加する働き方のことです。また、社員1人1人のテレワークだけでなく、オフィスごと観光地に移転するという形も同様にワーケーションと呼ばれます。

従業員の休暇取得を促進するためのものと考えられやすいですが、企業としては地方にオフィスを持つことで地域との関係性を構築でき、人材採用なども生み出すことができるため、地方創生へ寄与できるメリットがあります。また、雇用の創出や人口の増加など、地方にとってもメリットは少なくありません。

国内のワーケーションの市場規模は2020年にはおよそ700億円に留まっていましたが、2025年には3,600億円までに伸長する見通しの調査結果もあり、観光地の経済が活性化することで、ホテルなど観光に携わる事業者には、集客力を強化するための新たなプランの提案などが求められます。

ワーケーションに選ばれるホテルのポイント

ホテルにもさまざまな業態がありますが、その中でもワーケーション時の滞在先として選ばれるホテルには特徴があります。

まず挙げられるのが、テレワークを行うための環境が整っていることです。
先述した通り、ワーケーションはただの休暇ではなく仕事に参加する必要があるため、Wi-Fiなどのインターネット環境はもちろん、作業スペースが確保できる程度の広さがある机や、長時間座っていても苦にならないような椅子などがあると良いでしょう。

インターネット環境は、現在も多くのホテルで導入されていますが、通信が遅いなど場所によって影響を受けるような課題も多くあり、また机がないホテルも少なくありません。
まずは、安定した通信環境のもと、集中して仕事に取り組めるような環境の整備が求められるでしょう。

主要な駅のすぐ近くなど利便性の高い立地にあるホテルも多いですが、繁華街の中にあるようなホテルの場合、あまりにも騒がしければテレワーク時の妨げになってしまうことや、睡眠不足の誘引が懸念されます。
もちろん場所によっても異なりますが、ワーケーションの滞在先としては、自然が豊かな環境にあるホテルが選ばれやすいといえます。

また、ワーケーションでは休暇時間が需要になります。周辺に観光できる場所があったり、観光スポットまでの交通の便が良いホテルなら、仕事と休暇が両立しやすくワーケーションを成功させやすいため、滞在先として選ばれやすいでしょう。

さらに重要なのが、宿泊費が抑えられたいるなど長期間の滞在がしやすいことです。
ワーケーションで観光地へ赴く際には、一定以上の期間滞在することも多いため、通常の宿泊費用が日数分かかってしまうホテルは滞在先として選ばれにくいです。最近では、宿泊日数に応じて宿泊費が割引されるワーケーションプランなるものを提供しているホテルも増えてきました。宿泊費を抑えることはもちろん、大きく値下げができない場合であっても、テレワークで疲れた身体をほぐせるマッサージや、充実した朝食バイキングを用意するなど、サービス面を強化するのも集客手段の1つになり得るでしょう。

ワーケーション施設に必要な設備にかかる費用

ホテルとしてワーケーションに対応するために必要な費用は、ホテルの規模によっても異なります。
インターネット環境が導入されていない場合や、導入されているものの現状の通信環境ではワーケーションでの利用に不安があるという場合にはは、通信環境の整備から着手が必要になります。

ホテルなどの施設向けのWi-Fiは、最大同時接続数などによって金額が変動しますが、月額で数千円から2万円程度のプランが多いです。別途配管工事などが必要な場合は、これに工事費用がプラスされるでしょう。

また、各部屋には机や椅子をはじめ、必要に応じてサブモニター用のディスプレイ、電源タップ、各種ケーブル類などが必要になります。これらを全て揃えるとおよそ5万円から10万円程度にはなると考えられ、それが部屋数分かかることになります。
ただし、机などそのまま利用できるものは利用したり、部屋の家具の配置替えなどを行うだけでも、仕事をするスペースとして支持される部屋が完成できる可能性もあるため、ホテルに必要なものや不足しているものから検討を始めると良いでしょう。

ワーケーションを事業者に推進する自治体の動き

先述した通りワーケーションの導入は、企業や従業員だけでなく自治体にも多くのメリットがあります。そのため、各自治体は、ホテルをはじめとした事業者に対して積極的な働きかけをしています。
例えば、地方に小規模のオフィスであるサテライトオフィスを設置する企業や、ワーケーションを行う企業に補助金を支給する自治体も増えています。

例えばワーケーションの誘致に力を入れている長野県では、「信州リゾートテレワーク実践支援金」という補助金制度を実施しており、信州でテレワークをする企業に対して宿泊費の一部を支給しています。また、北海道や青森県、福岡県では、サテライトオフィスの設置を検討する企業に対して、「おためしサテライトオフィス」として、宿泊費の支援や、ワーキングスペースの提供を行っています。

このように費用面に懸念がある企業であっても、地方から補助金という形で協力を得ることで、ワーケーションを導入できるケースが増えているのです。

ホテル・旅館がうまくワーケーション利用されるには

ホテルや旅館をワーケーションに活用してもらうためには、ユーザーに対して仕事に集中できる環境が整っていることや、専用のプランがあるなどワーケーションに向いている施設であるといく認知を向上させる必要があります。
また、一般的なホテルや旅館など宿泊施設の紹介サイトに掲載するよりも、ワーケーションなど一定期間以上の滞在に特化したサイトへ掲載したほうが、効率よく集客ができるでしょう。

マンスリーホテルでは、長期間の出張やワーケーションなど、長期的な滞在をするためのホテル探しに特化したサイトであるため、掲載することでユーザーからワーケーションに向いているホテルであることの認知が高まります。また掲載に際しては、一切費用がかからず宿泊の実績に対するシステムの手数料のみの支払いが発生するため、お試しでワーケーション導入を進めたい事業者の方にもおすすめです。

マンスリーホテルに掲載しているホテル例

それではここから具体的に、現在マンスリーホテルに掲載されているホテルの例をご紹介します。
記載されている金額やそのプランは、各事業者ごとに決めているものになるため、費用感などもあわせてご覧ください。

【東京】アパートメントホテル浅草サウス

Hotel carousel image
住所〒111-0055 東京都台東区三筋2-4-10
最寄駅東京メトロ大江戸線 新御徒町駅徒歩8分 都営地下鉄浅草線 蔵前駅徒歩8分
1週間の滞在金額35,000円

東京スカイツリーのすぐ近くにあるホテルで、交通の便も良いため東京観光の拠点にもおすすめです。
立地は閑静なエリアにあり、徒歩2分以内にはスーパーもあるため室内のミニキッチンで料理を作ることも可能です。高速のインターネット環境や、作業机もしっかりとついているため、静かな環境で仕事にも集中できるホテルだといえます。

https://monthlyhotel.jp/landing/vzr32GDKBSc5gjGbWRaP4sHa#2022/03/01-2022/03/08-1

【大阪】コンフォートホテル新大阪

Hotel carousel image
住所〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目3-7
最寄駅JR「新大阪」駅正面口より徒歩約5分
1週間の滞在金額31,500円

無料のWi-Fiはもちろん、広々とした机や座りやすい椅子など長時間の作業にもおすすめの環境が整えられているホテルです。新大阪駅から徒歩5分に立地しているため、観光の拠点にも良いでしょう。
また、無料の朝食も充実しているため、長期間の滞在にもおすすめです。

https://monthlyhotel.jp/landing/bhJBUFfLdrrKxj59AAw1YLZU#2022/03/01-2022/03/08-1

【名古屋】ホテルリソル名古屋

Hotel carousel image
住所〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-25-6
最寄駅JR名古屋駅より徒歩4分
1ヶ月の滞在金額228,200円

1泊あたりの宿泊費が高めですが、名古屋駅からすぐの当ホテルもビジネス利用に適しています。
自分の部屋にいるかのような居心地の良さも魅力的なポイントです。

名古屋の場合は、繁華街にも多くのホテルがありますが、騒がしく仕事に支障をきたす可能性も考えられるため、ワーケーションでの滞在先として選ぶのには、集中できる環境かどうか事前に吟味することをおすすめします。

https://monthlyhotel.jp/landing/BjK62ZTJPNoDSNnFitrf2WT7#2022/03/08-2022/04/08-1

【福岡】静鉄ホテルプレジオ博多駅前

Hotel carousel image
住所〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目1-1
最寄駅JR「博多」駅博多口より徒歩約1分
1週間の滞在金額29,400円

博多駅から徒歩6分と、観光にも便利な立地にあるホテルです。朝食バイキングも充実しているため、ホテルでしっかりと休息を取りながら仕事をして、合間に出かけることもでき、ワーケーションにぴったりでしょう。

https://monthlyhotel.jp/landing/sFMPqRnaU1rQ3CNZWeT4FHck#2022/03/01-2022/03/08-1

【沖縄】アクアパレス北谷 by コルディオプレミアム

Hotel carousel image
住所〒904-0102 沖縄県中頭郡北谷町伊平260‐9
最寄駅那覇空港から車で36分(国道58号線経由)
1週間の滞在金額100,800円

ワーケーションというイメージにも合うようなリゾート感溢れる当ホテルは、1泊あたりの金額こそやや高めでrはあるものの、屋上にプールがついているなど休暇を思いっきり楽しむことができるのが魅力です。またコンドミニアムの部屋になっているため、広々と自宅のようにゆっくり過ごすことができます。

https://monthlyhotel.jp/landing/kGs27wR8SpwoD9sN77DgkDCK#2022/03/01-2022/03/08-1

ワーケーションで集客するなら、マンスリーホテルに登録しよう

ホテル, 部屋, 新製品, ドア, 入口, ようこそ

マンスリーホテルは、ワーケーションや長期出張などをしたい人へ長期滞在ができるホテルを専門に紹介しているサイトです。掲載に際しては、一切費用がかからず宿泊の実績に対するシステムの手数料のみの支払いが発生するため、お試しでワーケーション導入を進めたい事業者の方にもおすすめです。

https://monthlyhotel.jp/

まとめ

新しい働き方のひとつとして注目を集めているワーケーションは、実施する企業や、そこで働く従業員だけでなく受け入れる地方の自治体などにもさまざまなメリットがあります。補助金制度も各自治体で盛んに導入され、今後市場規模はますます拡大していくことが見込まれます。

ホテル事業者としても、このような新たな需要の高まりに対して環境を整備することが大切です。
まずはマンスリーホテルを活用して、お試しで導入してみてはいかがでしょうか。

関連記事