ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 成田空港内に雇用相談窓口「ナリタJOBポート」を開設 予約なしでも利用可

成田空港内に雇用相談窓口「ナリタJOBポート」を開設 予約なしでも利用可

投稿日 : 2021.01.14

千葉県

新型コロナウイルス関連

新型コロナウイルスの影響により旅客便の減便や運休が長期化する中、成田空港を運営する成田国際空港会社(NAA)は、1月12日、空港関連の企業や従業員向けの雇用相談窓口を空港内に開設した。この窓口は、空港会社が厚生労働省千葉労働局などの協力を受け実施するもので、国内の空港では初の試み。

窓口は月曜と火曜、金曜が個人向け、水曜と木曜が企業向けに分けて設けられている。企業向けでは、雇用調整助成金など助成金の相談や出向・移籍支援、副業や兼業に関する就業規則などの作成や変更のアドバイスをする。また個人向けでは、求人情報の提供や休業支援金、給付金に関する相談、公的な職業訓練の情報提供、応募書類作成や面接準備などの相談などを受け付ける。また、外国人向けには英語で雇用や生活関連のサポートを行う。

来月2月からは千葉県商工労働部の協力により、県独自の支援制度などの相談にも対応していく予定。NAAによると、新型コロナ収束後は福利厚生事業などを担う総合窓口に発展させ、空港従業員の働きやすさの向上につなげたい考えがあるという。

「ナリタJOBポート」の場所は第2駐車場ビル(南側)2階事務室P2021で、時間は平日の午前10時から午後4時まで。事前予約可能だが、予約なしでも利用できる。

成田空港では新型コロナウイルス感染症の影響で国際線を中心に大量運休や減便が相次いでおり、この状態が長期化することは否めない。それに伴い、空港内にある飲食や物販、サービス事業などの18店舗が撤退し、さらに約450店舗のうち半数以上が臨時休業を余儀なくされている。

成田国際空港会社(NAA):「ナリタJOBポート」開設のお知らせ

合わせて読みたい
  • ホテルが即活用できる新型コロナウイルス支...

  • JNTO、外国人旅行者向けコールセンター...

  • 宿泊施設活性化機構(JALF)が事業者向...

  • 日弁連、新型コロナウイルス相談窓口、初回...

関連記事