ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 中銀カプセルタワービル「マンスリーカプセル」10月22日開業

中銀カプセルタワービル「マンスリーカプセル」10月22日開業

投稿日 : 2018.10.16

東京都

新規ホテル情報

東京都中央区銀座の中銀カプセルタワービルの一室を一か月から借りることができる「マンスリーカプセル」が、2018年10月22日(月)からスタート。カプセル内のインテリアは、無印良品にてコーディネート。運営は中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクトが担当する。

マンスリーカプセル

出典:中銀カプセルタワービル保存再生プロジェクト

黒川紀章設計、メタボリズム建築代表作、民泊からマンスリーへ

中銀カプセルタワービルは1972年竣工の建築家黒川紀章氏が設計した、メタボリズム建築の代表作。

日本はもちろん、海外からの人気も高く、2015年9月までは民泊(airbnb)として使用されるカプセルが複数あり、多くの外国人観光客が訪れた。当時のairbnbが発表する世界の人気宿泊先TOP40にアジアで唯一ランキングされるなど、特に建築、デザイン、アート関係者が宿泊し、常に満室の状況が続いていた。管理組合で民泊が禁止された以降も、多くの人から宿泊を希望する問い合わせがあったという。
そこで今回は民泊ではなく、賃貸借契約を結ぶことで一か月から借りることができる「マンスリーカプセル」を開始。

中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクトで考えるカプセルでの狭くても快適さを追求する取り組みと、無印良品の提唱するコンパクトライフの考えが合致し、居室のインテリアコーディネートを無印良品が行うこととなった。

「本当に必要なものを必要なかたちでつくる」ことを続けてきた無印良品のコンパクトライフを体感してもらい、今後に向けた検証の場として使用することを目的としている。

<マンスリーカプセル概要>
賃料:12万円(敷金・礼金なし/電気、水道料金込み)
備品:デスク、椅子、シングルベッド、エアコンなど

なお、同ビルを巡っては老朽化にともない解体と文化財としての保存を求める声が対立している。

【合わせて読みたい】

無印良品が中国でホテル展開「MUJIHOTEL BEIJING」6月30日開業ー日本へ逆輸入、来春銀座での開業も

良品計画「MUJI HOTEL GINZA」2019年4月4日開業

 

関連記事