ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > マイステイズ「アートホテル盛岡」3月10日リブランド開業

マイステイズ「アートホテル盛岡」3月10日リブランド開業

投稿日 : 2019.02.15

岩手県

新規ホテル情報

マイステイズ・ホテル・マネジメントは、2019年3月10日(日)より「ホテル東日本盛岡」(岩手県盛岡市)の名称を「アートホテル盛岡」に変更し、リブランドオープンする。

盛岡の伝統文化や風景をコンセプトに客室を全面リニューアル

出典:マイステイズ

同ホテルは、大正時代に平民宰相と呼ばれ活躍した第19代内閣総理大臣原敬氏の別邸「介寿荘」跡地に建設された。

その由来を受けて名づけられた日本料理「介寿荘」や中国料理「豪華」、カフェダイニング「ブローニュ」などのレストランではお食い初めや七五三、法要や賀寿祝いなど親族や友人の集う機会に、60名から300名まで着席で利用できる宴会場ではコンベンションの会場や企業の周年記念パーティ、結婚式や銀婚式・金婚式など人数や用途に合わせた誂えで利用されてきた。

2018年7月30日付でマイステイズ・ホテル・マネジメントが運営を開始以来、グループ公式ウェブサイトの多言語対応(日・英・繁体・簡体・韓)やキャッシュレスサービスの導入など利用者の利便性向上にも対応してきた。

東京オリンピック(2020年)やラグビーワールドカップ(2019年)大阪万博(2025年)など国際イベントの開催を機に観光産業が成長を続ける中、さまざまなライフスタイルイベントに対応する「アートホテル」ブランドとして新たなステージへと展開する。

客室は盛岡の文化と伝統工芸、自然をモチーフにデザインを展開し全面リニューアルを進めている。本年5月1日より総客室数も現在の186室から28増室し新装214室となる予定。

「世界遺産平泉」や日本三大鍾乳洞のひとつ「龍泉洞」など岩手県内観光地へのアクセスも便利な滞在拠点として、四季折々の魅力と共にさまざまなホテルステイの提案を企画するライフスタイルホテルとしてより幅広い顧客に利用してもらえるよう努めていくという。

【同ホテル 概要】

所在地:岩手県盛岡市大通 3-3-18

アクセス:東北自動車道「盛岡」ICより約15分 ・JR「盛岡」駅より徒歩7分、車で約3分

階数:地上14階建/地下1階

客室:総客室214室(収容人数446名)

※2019年5月1日全面客室リニューアル終了に伴い28増室予定

ダブル68室(14~18㎡)、ツイン100室(17~25㎡)、クイーン28室(16~19㎡)、トリプル18室(29㎡)

岩手県盛岡市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、盛岡市には宿泊施設が69、部屋数にして5,076室が提供されている。

盛岡市には共立メンテナンスが本年4月「ドーミーイン盛岡」(169室)の開業を予定している。

【合わせて読みたい】

マイステイズ 、Discover Japanキャンペーン

マイステイズ鹿児島天文館『薩摩モダン』コンセプトBAR

「アートホテル小倉 ニュータガワ」12月1日リブランド開業

マイステイズ・ホテル「ホテルニュータガワ小倉」運営開始

マイステイズ松山、11月16日レストランリニューアル

関連記事