ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 国交省、フェリー・旅客船航路情報の標準化・オープン化セミナー

国交省、フェリー・旅客船航路情報の標準化・オープン化セミナー

投稿日 : 2020.02.25

東京都

大阪府

鹿児島県

インバウンド

国土交通省海事局は、経路検索サービスにおけるフェリー・旅客船航路情報の充実、及び「MaaS」等新たなモビリティサービスの進展を見据え、関係者に航路情報の共有を図るため、本年3月、全国3カ所で「フェリー・旅客船航路情報の標準化・オープン化セミナー・講習会」を開催。

インバウンド等の航路利用の拡大に向けて

全3会場の概要は以下の通り。

1九州会場
日時:3月2日(月)13時30分~17時
場所:鹿児島県庁2階講堂
セミナー(予定):GTFSデータ整備の必要性、事業者及び自治体の取組等
講演者:東京大学生産技術研究所 伊藤昌毅 特任講師
やまさ海運株式会社、宮崎県串間市、ジョルダン株式会社等

日時:3月3日(火)9時~12時
場所:鹿児島運輸支局本庁舎(鹿児島港湾合同庁舎)5階会議室
講習会(予定):データ入力体験、オープン化の手法について

2東京会場
日時:3月11日(水)9時30分~12時30分
場所:経済産業省別館2階 227各省庁共用会議室
セミナー・講習会(予定):GTFSデータ整備の必要性、データ入力、オープン化等
講演者:ジョルダン株式会社、公共交通オープンデータ協議会等

3大阪会場
日時:3月18日(水)13時30分~16時30分
場所:近畿運輸局海技試験室(大阪合同庁舎4号館10階)
※セミナー・講演会の内容及び講演者は、東京会場と同じ。

申し込み等詳細は公式サイト参照。

【合わせて読みたい】

国交省、訪日客のさらなる増加へ空港のハンドリング体制強化

国交省「持続可能な地域構造シンポジウム」宇和島開催

国交省「ナショナルサイクルルート」制度創設、ロゴ募集

国交省、手ぶら観光補助事業の応募受付期間を延長

関連記事