ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 宮城インバウンドDMO、民泊新法の説明会開催

宮城インバウンドDMO、民泊新法の説明会開催

投稿日 : 2018.12.31

宮城県

バケーションレンタル

一般社団法人宮城インバウンドDMOは、南宮城地域における民泊推進に向け、2019年1月に宮城県丸森町、山元町、大河原町にて民泊新法(住宅宿泊事業法)の説明会を開催する。

出典:宮城インバウンドDMO

「イベント民泊」の次なるフェーズへ

南宮城ではこれまで、2018年10月7日のサイクルフェスタ丸森2018(宮城県丸森町)、2018年10月13,14日開催の東北・みやぎ復興マラソン2018(宮城県亘理町)にて、『イベント民泊』を実施した。

イベント民泊は、南宮城地域の民泊ホスト(貸し手)の育成、地域における民泊の機運醸成、およびインバウンド(訪日外国人)旅行者との交流を促進し、地域経済の活性化を図ることを目的として実施され、丸森町では31件の宿泊施設情報を公開し、計37名(内外国人21名)が宿泊した。

一方、亘理町では17件の宿泊施設情報を公開し、計12名(亘理町の宿泊者は日本人のみ)が宿泊した。

イベント民泊では、イベントの開催時のみ(自治体の要請があった場合、年間数日程度)民泊の合法的な受入が可能な制度。

宮城インバウンドDMOではこのイベント民泊事業と並行して、民泊新法(年間180日以内の宿泊営業が可能)の取得を促すために、民泊新法の説明会を開催する運びとなった。

今回の説明会ではイベント民泊を体験したホスト、および民泊に関心のある地域住民を対象としており、地域で継続的に民泊を行い、民泊の機運を高めていくスーパーホストの育成を目指し取り組んでいく。

【説明会 概要】

<宮城県大河原町会場>

1月16日(水)14:00~15:00

会場:宮城県大河原合同庁舎 柴田郡大河原町南129−1

<宮城県丸森町会場>

1月16日(水)18:00~19:00

会場:丸森まちづくりセンター 伊具郡丸森町鳥屋120

<宮城県山元町会場>

1月27日(日)13:30~16:00

会場:つばめの杜ひだまりホール 亘理郡山元町つばめの杜1-8

※宮城県亘理町では同内容で2018年12月18日に実施済み。

「説明会内容(全日程とも同内容)」

・民泊を始める上での具体的な制度(民泊新法)の解説

・民泊新法取得に向けた申請方法に関して

・南宮城の民泊の取組(イベント民泊)や、民泊の魅力

【合わせて読みたい】

パソナ、釜石で「イベント民泊」運営、ラグビーW杯に向けて

楽天、岩手県釜石市でキャッシュレス決済推進

住宅宿泊協会(JAVR)が2019年1月設立

関連記事