ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 三井ガーデンホテル福岡中洲、2020年4月24日開業

三井ガーデンホテル福岡中洲、2020年4月24日開業

投稿日 : 2019.10.30

福岡県

新規ホテル情報

三井不動産および三井不動産ホテルマネジメントは、昨年11月に着工した「(仮称)中洲五丁目ホテル計画」の正式名称を、「三井ガーデンホテル福岡中洲」(福岡県福岡市博多区中洲五丁目5番1号、257室)とし、2020年4月24日(金)に開業する。

福岡に2施設目の「三井ガーデンホテル」が誕生

出典:三井不動産

同ホテルは、市営地下鉄空港線・箱崎線「中洲川端」駅から徒歩約2分、福岡空港および新幹線・JR各線「博多」駅から乗換なしのアクセスが可能な福岡市内の中心エリアに位置。

川沿いに並ぶ風情ある屋台や飲食店が集まり、多くの来街者で賑わう中洲エリアは、博多と九州最大の商業エリア天神の中間にあり、レジャー・ビジネスの活動拠点として便利な好立地。

本年6月27日(木)に開業した「三井ガーデンホテル福岡祇園」(300室)とともに、国内外から訪れる様々な顧客が快適に過ごせる施設を目指すという。

中洲の成り立ちにまつわる「集積した土地・文化」や「水面のゆらぎ」をデザインモチーフに、プライベート感がありながらも街に溶け込む外観と落ち着きのあるエントランス・ロビーで顧客を迎える。

客室は、艶のあるマテリアルや照明で彩り、華やかな中洲の魅力と響き合う心地良いきらびやかさを演出した上質で安らぎを感じられる空間。ファミリーやグループでの滞在に最適な3名まで宿泊できる客室や3点分離タイプの快適な水廻りを設えた客室も用意する。

また、最上階(13階)の大浴場には、ラウンジや女性専用テラス付きパウダールームを設け、湯上がりにゆっくり寛げる。

1階レストランでは、竈炊きご飯を味わえる朝食をはじめ、福岡の地物を中心に厳選された旬魚の美味しさを引き出す工夫を凝らした日本料理と酒を楽しむことができる至福のひと時を提供する。

【同ホテル 概要】

所在地:福岡県福岡市博多区中洲五丁目5番1号

アクセス:市営地下鉄空港線・箱崎線「中洲川端」駅から徒歩約2分

構造規模:鉄骨造 地上13階

客室数:257室

付帯施設:レストラン(1階)・大浴場(13階)

出典:三井不動産

福岡県福岡市博多区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、福岡市博多区には宿泊施設が304、部屋数にして23,576室が提供されている。

新規開業予定は14施設、部屋数にして2,121室が新たに供給される見込み。

新規開業予定マップは以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

三井不動産ホテルマネジメントは、現在、アッパーミドルクラスの宿泊主体型ホテルである「三井ガーデンホテルズ」(26施設)とハイクラスの宿泊主体型ホテルである「ザ セレスティンホテルズ」(3施設)を全国で計29施設・7,475室運営。

同ホテルは、今後開業を予定する、「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」(2019年11月22日開業予定・362室)、「三井ガーデンホテル六本木プレミア」(2020年1月24日開業予定・257室)および「三井ガーデンホテル札幌ウエスト」(2020年2月20日開業予定・169室)に続く、三井ガーデンホテルズとしては30施設目のホテル。

九州エリアでは、「三井ガーデンホテル熊本」、「三井ガーデンホテル福岡祇園」に次ぐ3施設目のホテルとなる。

【合わせて読みたい】

三井ガーデンホテルが福岡に初出店「福岡祇園」6月27日開業

「三井ガーデンホテル札幌ウエスト」2020年2月20日開業

「HOTEL THE MITSUI KYOTO」2020年夏開業

「三井ガーデンホテル六本木プレミア」2020年1月24日開業

福岡県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

福岡県ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事