ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > マーキュリアインベストメント、ボーイング787買い付け完了

マーキュリアインベストメント、ボーイング787買い付け完了

投稿日 : 2018.12.05

インバウンド

マーキュリアインベストメントが運営する航空機投資ファンドは、1号案件としてボーイング787型機の買い付けを完了、リース先は⾧い歴史を有する「ナショナルフラッグキャリア」。

同社が運営する航空機投資ファンドは、今春から運用ステージに入っており、1号案件としてボーイング 787 型機の買い付けに関する覚書を締結していた。
本日、12月5日(水)その買い付けが完了した旨発表した。
ボーイング787型機は、中型機に分類される航空機だが、機体に炭素繊維を多く使用することによる燃費の良さと大型ジェット旅客機並みの航続距離を持つ、革新的な航空機として幅広い支持を得ている。
ローンチカスタマー(新型機製造計画を立ち上げる後ろ盾となる顧客)がANAで、同機のパーツの約35%を日本企業が提供するなど、日本でも馴染みの深い航空機。
従来では大型機しか就航できなかった⾧距離路線にも直行運航が可能となり、航空会社にとって採算効率に優れた⾧距離航空路線の開設が可能となるなど、航空業界の戦略を牽引する最新鋭機であり、中型機では標準機となっている。
今回取得した機材は、若齢機であり、リース先は⾧い歴史を有する「ナショナルフラッグキャリア」とのこと。
今後は投資家から得た更なる資金コミットメントをもとに、小型ナローボディ機の取得についても複数の案件の中から並行して検討していく。
【合わせて読みたい】

関連記事