ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 三菱地所、超高層ビル外窓清掃の実証実験

三菱地所、超高層ビル外窓清掃の実証実験

投稿日 : 2019.02.24

東京都

ホテル関連ニュース

三菱地所は、新丸の内ビルディングにおいて、2019年2月28日(木)~3月15日(金)の16日間、日本ビソーと共同で、超高層ビルで日本初となるゴンドラによる高所作業で多関節アーム搭載「多目的壁面作業ロボット」を活用した外窓清掃の実証実験を実施する。

日本初多関節アーム搭載「多目的壁面作業ロボット」活用

出典:三菱地所

従来の外窓清掃は、窓面の大きさに合わせた無人の自動清掃ユニット数台もしくは有人による清掃で行っているが、作業ロボットの導入により清掃性能や清掃効率等の向上、及び軽量化により汎用性も高めて既存の無人自動清掃・有人清掃の代替を企図していくほか、外壁調査・診断やシール打替え等の諸工事等にも活用できる多目的な壁面作業ロボットの実現を三菱地所は日本ビソーと共に目指している。

人手不足に直面しているビルメンテナンス業界の働き方改革に繋がる可能性も期待できることから、今回両社で実証実験を行う。

三菱地所グループは、様々な企業等との連携による新技術の導入を通じ、より先進的かつ効率的で付加価値の高い施設運営のあり方を追求しており、人手不足社会の到来も見据え、ロボットやAI等も活用した、より安全・安心・快適で、楽しい街づくりを目指していくという。

【同実証実験の概要】
主催:三菱地所株式会社、日本ビソー株式会社
目的:作業ロボットの外窓清掃における清掃精度や作業速度・作業音等の確認
実証期間:2019年2月28日(木)~3月15日(金)(予定)
実験場所:新丸の内ビルディング(東京都千代田区丸の内 1-5-1)
内容:作業ロボットを外窓清掃で活用し、作業性能・品質を検証する。

【合わせて読みたい】

三菱地所「オンデマンド通勤シャトル」MaaS実証実験

三菱地所「中日ビル」建て替え、ロイヤルパークホテルズ出店

三菱地所、協創を促すイノベーション拠点「Inspired.Lab」

三菱地所みなとみらいエリア施設、集客・販促データ実証実験

三菱地所、AI清掃ロボット「Whiz」日本初導入


関連記事