ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 札幌初!トレーラーハウス型無人宿泊施設が12月18日開業

札幌初!トレーラーハウス型無人宿泊施設が12月18日開業

投稿日 : 2019.12.02

北海道

新規ホテル情報

MASSIVE SAPPOROは、JR北海道と業務提携し、札幌初となるトレーラーハウス型無人ホテルブランド『JR Mobile Inn』第1号店「JR Mobile Inn Sapporo Kotoni」をJR琴似駅(JR札幌駅より2駅)近くにて2019年12月18日に開業する。

全3室・1室最大6名、長期滞在向け無人トレーラーハウス

出典:MASSIVE SAPPORO

同ホテルは、北海道初となる無人ホテルを開業し現在全国で70室以上を展開するMASSIVE SAPPORO社の運営ノウハウ、楽天コミュニケーションズ社が開発・販売する無人チェックイン・本人確認用サービス『あんしんステイIoT』と、高性能スマートロックの導入により無人での運営を可能した。

アーキビジョン21社が製造する、日本最大級の木造ムービングハウスを宿泊施設に導入し、グループでの滞在を実現。トレーラーハウス型の無人ホテルは札幌市内で初の試みとなる。

全室シャワー、トイレ、キッチン、洗濯機を完備。小さな子供連れのゲストをはじめとする顧客の多様なライフスタイルや嗜好に応じた滞在を可能した。

出典:JR北海道

【同施設 概要】

所在地:札幌市西区琴似1条1丁目1番3号
アクセス:JR北海道 函館本線『琴似』駅から徒歩約4分

出典:JR北海道

物件:木造1階建,全3室(各部屋約30㎡)
最大収容人数:1室最大6名(6ベッド)
設備:チェックイン用タブレット, スマートロック, 洗濯機, エアコン, キッチン, 食器類, ドライヤー, タオル, リネン, テレビ等
宿泊料金:1室1泊 20,000~30,000円程度
運営方式:旅館業法の簡易宿所営業許可を取得予定。JR北海道社が物件を所有し、MASSIVE SAPPORO社が運営を行う。投資規模は約5千万円。

札幌市西区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、札幌市西区には宿泊施設が11、部屋数にして316室と展開するホテルはわずかとなっている。

新規開業予定は他に確認できなかった。

同区内には民泊物件が28展開している。

【合わせて読みたい】

【南北対決】北海道札幌市 v 沖縄県那覇市 ホテル展開状況

北海道ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

北海道ホテル展開状況(2019年7月現在)

ホテルエミシア札幌、札幌随一!115mを誇る朝食会場誕生

奄美群島国立公園内に民泊トレーラーハウス 開業

関連記事