ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > マリオットがスターウッド情報漏洩の調査進捗を発表

マリオットがスターウッド情報漏洩の調査進捗を発表

投稿日 : 2019.01.05

海外

ホテル関連ニュース

昨年11月30日にスターウッドホテルの情報漏洩が発覚したマリオット・インターナショナルは、2019年1月4日、同件の調査の進捗により明らかとなったことを公表した。

マリオットは、2018年11月30日に発覚したスターウッドの予約システムにおけるパスポート番号や支払いカード情報の流出について、2019年1月4日に調査の進捗を明らかにした。

マリオットによると、当初2018年9月10日以前のスターウッドのホテルにおける予約情報に関して最大で5億人分の情報が流出したとしていた。マリオットは今回、情報漏洩したのは最大で3億8千300万人とみられるとした。

また、暗号化されていないパスポート番号については、約525万人の暗号化されていないパスポート番号が漏洩したことがわかった。また、約2,030万人の暗号化されたパスポート番号が漏洩をした。情報漏洩により、暗号化されたパスポート番号が解読されたかどうかはわかっていない。

さらに、支払いカード情報については、約860万の暗号化されたカード情報が漏洩した。情報漏洩により、暗号化された支払いカード情報が解読されたかどうかは不明。

詳細の対応について、マリオットでは日本を含む各国でコールセンターを設立している。

マリオットでは統合に向けて進めていたスターウッドの予約データベースの段階的廃止を2018年12月までに完了しており、現在はすべての予約はマリオットのシステムを通して行われているという。

【合わせて読みたい】

マリオットのスターウッドが5億人の顧客データ流出

波紋を広げるホテル情報漏洩事件ー狙われるホテル、相次ぐ不正アクセス被害

Verizonがモバイルセキュリティの脆弱性を警告

関連記事