ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > マリオットのスターウッドが5億人の顧客データ流出

マリオットのスターウッドが5億人の顧客データ流出

投稿日 : 2018.12.02

海外

ホテル関連ニュース

マリオットグループのスターウッドの顧客予約データベースに関する情報漏洩事案が発覚した。2018年9月10日以前のスターウッドにおける顧客情報データベースに不正アクセスが確認された。

漏洩したのは米国におけるスターウッドの顧客予約データベースで、不正アクセスは2014年から行われていた。

11月30日の同社の発表によると、まだ詳細な情報の確認が終了していないものの、最大で5億人のスターウッドホテルの顧客の予約情報が流出した。このうち、3億2,700万人の情報には名前、住所、メールアドレス、電話番号、パスポート番号、スターウッドのアカウント情報、生年月日、性別、宿泊日時などの情報が含まれている。

また、それらの内には、クレジットカード情報が含まれており、暗号化されたクレジットカードのセキュリティを解読するためには二つのキー情報が必要となるが、同社はその両方が盗まれている可能性も排除できないという。

同社は、法執行機関に通報を行い、調査を継続、規制当局にも報告を行なった。

同社は同案件に関して、専用のウェブサイトを設立し、コールセンターによる質問への対応を開始。また、Eメールによる通知を開始する予定。

【合わせて読みたい】

波紋を広げるホテル情報漏洩事件ー狙われるホテル、相次ぐ不正アクセス被害

Verizonがモバイルセキュリティの脆弱性を警告

関連記事