ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「MANGA ART HOTEL, TOKYO」2019年2月開業

「MANGA ART HOTEL, TOKYO」2019年2月開業

投稿日 : 2019.01.09

東京都

新規ホテル情報

株式会社dotは、「眠れないホテル」をテーマとして〝アート″を切り口としたマンガ体験を提供するホステル「MANGA ART HOTEL, TOKYO(マンガ アート ホテル トーキョー)」を2019年2月神保町エリアにオープン。

出典:dot

眠れないホテルで、一晩中マンガ体験

同ホテルが注目したのは、日本が誇れる文化産業の1つである「マンガ」。
国内では電子コミックが紙の販売を上回るという大きな変化を迎えつつある中で、MANGA ART HOTEL, TOKYOでは広義の〝アート″という観点からマンガの選書を徹底的に行い、マンガを手にとって読むこと、紙だからこその出会いや感動を生む、特別な宿泊体験を届ける。

運営事業者自らがホストとしてゲストと直接コミュニケーションすることで、マンガを介した多種多様な人と文化間の交流を目指す。

まるで異空間に迷い込んだかのような施設内に構えられた本棚は、アートの観点でキュレーションされたマンガで埋め尽くされており、5,000冊を超える全てのタイトルにおすすめコメントを用意。

店頭に陳列されているだけでは気がつかなかった魅力的なマンガとの出会いが、待っている。男性フロアと女性フロアでは、選書内容が異なる点も、こだわりのポイント。外国人観光客向けに、英語版のマンガも用意。

5,000冊の選書とおすすめコメントは運営事業者自らが担当。すべての本が、「購入可能」。

神保町エリアを、マンガの街に

“本の街”として知られる神保町。数々の書店が立ち並び、出版社も多く拠点を構えるこの街には、いまも日本文化の通奏低音が響いている。

文脈と文化が同居するこの街に、MANGA ART HOTEL, TOKYOはオープン。マンガをこよなく愛する人々は夢中になる空間だが、それだけでなく、訪日外国人にもディープな日本文化を通して、あたたかいおもてなしを行う。

「神保町エリアを、マンガの街に。」が同ホテルが考えるひとつのビジョンだ。

パジャマブランド「Nells」とコラボのオリジナルグッズ販売

出典:dot

また、「よくばりな人たちに 着替えのいらないパジャマを」という斬新なコンセプトで人気のパジャマブランド「Nells (ネルズ)」とコラボレーションし、オリジナルグッズを販売。

マンガをテーマとして、Nellsのパジャマの特徴でもある“着替えのいらない”高いデザイン性も兼ね備えたオリジナルパジャマを開発。身も心もマンガの世界に浸って、よりいっそう夢中な一泊へと包み込む。

さらに、同ホテルでは、〝Architects of the Year 2017″受賞の新進気鋭の建築家 山之内淡氏を、「建築設計」と「ブランド開発」の責任者として起用している。

出典:dot

【「MANGA ART HOTEL TOKYO」概要】

所在地:東京都千代田区神田錦町1-14-13  LANDPOOL KANDA TERRACE 4F・5F
アクセス:都営新宿線 小川町駅 徒歩1分、東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅 徒歩1分、東京地下鉄千代田線 新御茶ノ水駅 徒歩1分
客室数:35(女性専用 16室、男性専用 19室、男女別フロア)

東京都千代田区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、千代田区には現在、宿泊施設が129、部屋数にして20,309が提供されている。

2018年1月初めの114施設から15施設が1年間で増加、部屋数では2018年1月初めの18,878から1,431室が1年間で増加した。

また、今後の新規開業予定は21施設、部屋数にして2,479室が新たに供給される見込み。

激戦区でマンガをキーワードとしたオリジナリティの強い同ホテルが人気を集めるか注目だ。

【合わせて読みたい】

フェリーチェ「イチホテル赤坂」「イチホテル神田」開業

「ホテルリソル秋葉原」 2019年4月1日開業

東京23区ホテル展開状況(2019年1月現在)

【ホテル開発ランキング】東京都23区新規ホテル開発数トップ10

関連記事