ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > LINEトラベルjp、「カタール航空」とサービス連携を開始

LINEトラベルjp、「カタール航空」とサービス連携を開始

投稿日 : 2018.11.16

指定なし

ホテル関連ニュース

ベンチャーリパブリックとLINEが共同で運営する国内最大級の総合旅行情報メディア「LINEトラベルjp」は中東を代表するエアラインである、カタール航空との直接連携を開始した。

世界最高評価のカタール航空とドーハ国際空港

同連携により、カタール航空が取り扱うすべての航空券を、「LINEトラベルjp」より比較検索することができるようになる。

カタール航空はスカイトラックス社による名誉ある「ファイブスター・エアライン」(5つ星評価)の認定を受け、「一度は乗ってみたいエアライン」と評判されるなど、世界1位の評価を受けるビジネスクラスはもちろん、ハイレベルなサービスと快適性を体験できるエコノミークラスを提供する人気のエアライン。

カタール航空は、2011年、2012年、2015年、そして2017年に乗客の満足度調査より「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、世界的な航空会社として揺るぎない信頼を確立するまでに至っている。また、最上級格付けの5つ星空港に認定されたカタール・ドーハのハマド国際空港はカタ-ル航空の本拠地であり、ハブ空港として世界6大陸150都市以上へ毎日最新鋭機材で運航している。

日本とカタール間は、2005年4月1日、関西・ドーハ間にカタール航空直行便が週4便で就航。以降、週7便まで増便。2010年4月26日からは成田・関西・ドーハの路線で週7便を運航し、2012年10月28日からは成田・ドーハ及び関西・ドーハをそれぞれ週7便運航(関西便は2016年4月以降運休)。2014年6月から週7便の羽田乗り入れも開始している。

【合わせて読みたい】

LINEトラベルjpがエアトリ国内航空券、本日11月1日提供開始

LINEトラベルjp、旅行先検索チャットボット導入

LINEトラベルとトラベルジェイピーが統合、新ブランド「LINEトラベルjp」へ

LINEトラベルとトラベルジェイピーが旅行事業で資本業務提携

関連記事