ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > LINEトラベルとトラベルジェイピーが統合、新ブランド「LINEトラベルjp」へ

LINEトラベルとトラベルジェイピーが統合、新ブランド「LINEトラベルjp」へ

投稿日 : 2018.09.10

ホテル関連ニュース

LINE株式会社が本年6月に開始した総合トラベルサービス「LINEトラベル」と、株式会社ベンチャーリパブリックが展開する総合旅行情報メディア「トラベルジェイピー」は、ブランド名「LINEトラベルjp」のもと統合し、新サービスの提供を本日9月10日発表した。

出典:LINE

 
サービスを統合、「LINEトラベルjp」へ

LINEとベンチャーリパブリックは、2018年7月11日に、旅行事業分野で資本・業務提携を締結した。

「LINE」が持つ豊富なユーザーベースと「トラベルジェイピー」の培ってきたノウハウを活かし、タビマエ(旅行喚起及び旅行の計画・予約フェーズ)、タビナカ(アクティビティやグルメなど旅行中のフェーズ)、タビアト(旅行後の思い出やオススメのシェアなど旅行後フェーズ)のすべてにおいて、一気通貫してユーザーに最適な提案ができるサービスを目指し、より一層連携を強化するべくサービス統合を行い、「LINEトラベルjp」として、新たにスタートする。

「LINEトラベルjp」(LINE版)では、10月に国内外の航空券、12月に国内外ツアーの検索・比較に対応し、250以上の人気旅行サイトから最もお得なプランを「LINE」アプリ上から選択する事ができる様になる。

さらに、「トラベルジェイピー」が提供する500名以上の旅の専門家(旅行ナビゲーター)による旅先各地の様々なガイド記事や旅行プランを、ユーザーの位置情報に応じた最適な旅行情報としてLINEで提供していくなど、旅行中の旬な情報や新たな発見をサポートする「タビナカ領域」を強化していく。

 LINEとベンチャーリパブリックは、双方の強みを活かし、「トラベルジェイピー」のリッチな旅行コンテンツと「LINE」の豊富なユーザーベースを強みとしたサービスを提供していく。

サイトのリニューアルはすでに9月5日から開始された。
 
【関連記事】
LINEトラベルとトラベルジェイピーが旅行事業で資本業務提携
DMMが旅行事業に参入「DMM TRAVEL」を2018年秋に開始

エボラブルアジアが大手OTAのDeNAトラベルを子会社化

エボラブルアジアがレジデンストーキョーとの協業開始、DeNAトラベルの買収完了
 

関連記事