ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > インテリックス「LANDABOUT」2020年1月16日開業

インテリックス「LANDABOUT」2020年1月16日開業

投稿日 : 2020.01.14

東京都

新規ホテル情報

中古マンション再生流通事業を手がける株式会社インテリックスは、東京都台東区根岸(最寄り駅:鶯谷駅)に、 地域をリノベーションするホテル「LANDABOUT(ランダバウト)」を2020年1月16日(木)にグランドオープンする。

地域をリノベーションするホテル、鶯谷に誕生

出典:インテリックス

「LANDABOUT Table」は、このホテルがパブリックな場所であることを象徴する飲食店。宿泊客のみならず、地域の人々やこの地域を愛する人々が集い語らう場であってほしいと考えているという。

本格的なエスプレッソや個性あふれるクラフトドリンクをはじめ、料理は直接つながりをもった地方の生産者から送られてくる新鮮な素材の良さを活かし、カジュアルでありながら健康的なメニューを用意する。

1人からグループ・ファミリーまで、シーンに合わせた様々なタイプの部屋を用意し、利用しやすい価格で顧客を迎える。コンパクトながらもリラックス出来る客室には、多くの部屋に小上がりを設け、靴を脱いで寛げる設えとし、旅の気分を高めるこだわり抜いた備品・アメニティを揃えている。また、11階から15階にはテラス付きの部屋も用意しており、スカイツリービューを楽しむことが出来るという。

出典:インテリックス

【LANDABOUT 概要】
所在地:東京都台東区根岸3-4-5
アクセス:JR山手線「鶯谷駅」南口 徒歩3分、東京メトロ日比谷線「入谷」駅2番出口 徒歩5分
客室数:169室

出典:インテリックス

東京都台東区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、台東区には宿泊施設が479、部屋数にして23,776室が提供されている。新規開業予定は68施設、部屋数にして5,926室が新たに供給される見込み。

同ホテルでは、スタッフが旅をしながら出会った、全国10県の農家から直接届く、その時々に採れたフレッシュな旬のお野菜やフルーツ、加工品の販売を毎月第4日曜日に開催。宿泊も近所に住人も気軽に楽しめるイベントになるという。

【合わせて読みたい】

インテリックス「LANDABOUT」2020年1月開業

「The Micro Museum Hostel 上野」2019年2月開業

「Q stay and lounge 上野」2020年1月20日グランドオープン

東京23区ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

関連記事