ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 共立メンテナンス「ドーミーレジデンス市ヶ谷」2019年4月1日開業

共立メンテナンス「ドーミーレジデンス市ヶ谷」2019年4月1日開業

投稿日 : 2019.03.11

東京都

ホテル関連ニュース

ビジネスホテル 「ドーミーイン」や全国に学生寮・社員寮「ドーミー」を運営する共立メンテナンスは、2019年4月1日(月)に初のサービスアパートメント「ドーミーレジデンス市ヶ谷」をオープンする。

ビジネスパーソンのパフォーマンスを上げる新たな滞在先に

出典:共立メンテナンス

「ドーミーレジデンス市ヶ谷」は同社として初となるサービスアパートメント。
39年続く寮事業、26年続くホテル事業で培ったノウハウを基に、ビジネスパーソンに安心と安らぎ、そして明日への活力をもたらすサービスアパートメントを目指すという。

サービスアパートメントとは家具・家電・キッチンなどを備えた短期~中期滞在向けの施設。主に、短期の出張・赴任・旅行などに用いられる他、海外をはじめとした遠方に拠点を持つ人の滞在先として活用されている。

AI・ビッグデータなどの技術革新が目まぐるしく加速する中で、IT を中心とした高度人材を求める声が高まり、都心のビジネスパーソンの短期~中期滞在需要が増加。さらに、観光庁は「2020 年に訪日外国人旅行者を 4,000 万人へ」と掲げるなど、旅行客によるホテル需要も増加傾向にある。

そのような背景の中、新たなビジネスパーソンの滞在先として、「ドーミーレジデンス市ヶ谷」のオープンに至ったという。

【施設概要】
正式名称:ドーミーレジデンス市ヶ谷
オープン:2019年4月
所在地:東京都千代田区九段北4丁目1-26
アクセス:JR中央・総武線、東京メトロ有楽町線・南北線、都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」駅より徒歩約6分
建物概要:RC造 地上12階建て 新築
居室:全78室(スタジオタイプ 65室・ベッドルームタイプ 13室)
料金:(法人マンスリー契約) 初期費用不要 月額350,000円
(法人 長期契約)初期費用600,000円 室料285,000円 管理費30,000円
(個人マンスリー契約) 保証金 3ヶ月未満 10万円 3ヶ月以上 室料1ヶ月分 月額350,000円

【合わせて読みたい】

共立リゾート九州初上陸、「ラビスタ霧島ヒルズ」開業

共立リゾート「白川郷御宿 結の庄」2019年3月8日開業

ドーミーインPREMIUM大阪北浜、11/16(金)オープン

進化型カプセルホテル「global cabin 横浜中華街」7月20日開業

クラウド型マンスリーマンション管理「マンスリーエンジン」

関連記事