ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ワコール「京の温所 御所西」2019年11月1日開業

ワコール「京の温所 御所西」2019年11月1日開業

投稿日 : 2019.09.30

京都府

新規ホテル情報

 株式会社ワコールは、2019年11月1日(金)に京町家をリノベーションした宿泊施設『京の温所 御所西(ごしょにし)』を京都・御所西エリア(京都市上京区)にオープンする。

クリエイティブユニット「graf」が手掛ける京町家宿

出典:ワコール

ワコールが展開する宿泊施設「京の温所」の6軒目となる『京の温所 御所西』は、暮らしにまつわる様々な要素をものづくりから考え実践するクリエイティブユニット「graf(グラフ)」がディレクションを手掛けた。

市内観光にも便利で、伝統的な景観が色濃く残っている御所西エリアにある築100年以上の京町家は、長年空き家となっていた。坪庭から入る静かな光が印象的なこの京町家を、伝統工法で組まれた梁や柱を活かしながら、光と影、季節を豊かに感じる現代生活に寄り添った“住まい”へとリノベーション。

出典:ワコール

木漏れ日が静かに変化していく庭とつながったリビングは“木のトンネル”をイメージし、床、壁、天井をすべてブラックチェリーの木材でぐるりと囲み、季節や時間の移ろいを感じられる空間となっている。また、食卓を囲むダイニングは、テーブルの上は開放的な吹き抜けで、天窓から降り注ぐ光が豊かに感じられるという。

ソファやテーブルの家具はもちろん、ベッドルームや和室の照明に至るまで、多くのアイテムは「graf」が『京の温所 御所西』のためにオリジナルでデザイン。『京の温所 御所西』のためにセレクトしたアートピースも彩りを添えている。

出典:ワコール

設計者 千葉 禎氏(「graf」設計部)は以下のコメントを述べた。

「1年前の7月に現地調査で建物の中に入った時、中庭の方から真夏の光がうっそうとした緑に反射されて、室内にのびてくるのをとても美しく感じ、設計にあたっては中庭と室内が一体となった、光や季節感を豊かに感じられる空間を作ろうと、まず第一に考えました。

建物の軸組のみを残した解体後のレイアウトプランは、真ん中の吹き抜けを中心として、さまざまな種類の居場所を点在させているので、みんなでワイワイと楽しんだり、一人で静かにくつろだりと、コンパクトですが多様な過ごし方ができる宿になったと思っています。

家具や把手などは、周囲と溶け込みながら美しく経年変化を重ねるデザインをこころがけて、信頼できる作り手と共に作り込みました。また、空間内に設置するアートワークは全国各地のアーティストを実際に訪ねて集めたりと、細部までこだわりました。

「京の温所 御所西」で、たくさんの方がさまざまな過ごし方をして、旅を楽しんでもらえたら、と思っています。」

出典:ワコール

【同施設 概要】

所在地:京都府京都市上京区衣棚通椹木町上る門跡町291
アクセス:京都市営地下鉄 丸太町駅 徒歩7分、京都市バス停 烏丸丸太町 徒歩5分
開業日:2019年11月1日(金)
延床面積:83平米
間取り:
1階 キッチン&ダイニング、リビング、お風呂、洗面、トイレ、庭
2階 ベッドルーム、和室、ライブラリー
料金:一泊67,000円~(税込、人数と時期により変動)
定員:最大4名

出典:ワコール

京都府京都市上京区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、京都市上京区には宿泊施設が253、部屋数にして1,851室が提供されている。

同区内には簡易宿所が多く展開しており192施設が確認された。また、その内、町家が96施設を占めた。

同区内の町家の平均客室単価は51,616円(2019年9月)となっている。

【合わせて読みたい】

ワコール「京の温所 西陣別邸」2019年10月1日開業

ワコール「京の温所 麩屋町二条」2019年3月30日開業

ブックホテル、カフェホテルなど既存ホテルとの差別化を図る異業種からのホテル参入相次ぐ

京都府ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

京都府ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事