ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ワコール「京の温所 麩屋町二条」2019年3月30日開業

ワコール「京の温所 麩屋町二条」2019年3月30日開業

投稿日 : 2019.03.05

京都府

新規ホテル情報

株式会社ワコールは、2019年3月30日(土)に京町家をリノベーションした宿泊施設「京の温所 麩屋町二条(ふやちょうにじょう)」を京都・御所南エリアにオープンする。

古き良き空間と現代アートが共存“日本の伝統文化が息づく宿”

出典:ワコール

ワコールが展開する宿泊施設「京の温所」の4軒目となる「京の温所 麩屋町二条」は、京都御苑に近く、市内観光の起点としてもアクセスの良いエリアに位置。

築約150年2階建ての京町家をリノベーションし、住まいとして考えられた空間には、暮らすようにその土地に親しみ、京都に滞在する喜びへとつながる様々なアイデアが盛り込まれている。

“おくどさん(かまど)”を残し、湯気を逃がすための吹き抜け“火袋”を活かした設計のキッチンは昔ながらの京町家の面影を感じさせる。そのキッチンと一体化したダイニングには8人が座れる円形のテーブルがあり、壁一面には唐紙を使い伝統的な技法で表現された「野田版画工房」の現代アート作品が印象的に飾られている。

冬でも快適に過ごすことができる掘りごたつ式の和室やフローリングのベッドルームのほかに、“炉”や“躙り口(にじりぐち)”を設えた茶室として使える和室もあり、現代の生活に寄り添いながらも“日本の伝統文化が息づく宿”。

出典:ワコール

また、「京の温所 麩屋町二条」の家具は、選び抜いた木材を使い、熟練の職人の手でつくられた「カリモク家具」のもの。ダイニングにある円形テーブルと和室の座卓は「京の温所 麩屋町二条」のために設計したオリジナルで、無垢材ならではの美しい木目とぬくもりを、見て、触れて、感じることができる。

出典:ワコール

【同施設 概要】
所在地:京都市中京区麩屋町通二条上る布袋屋町502
アクセス:京都市営地下鉄 京都市役所前駅 ゼスト御池口 徒歩8分、丸太町駅5番出口 徒歩10分
開業日:2019年3月30日(土)
延床面積:186平米
間取り:1階 キッチン&ダイニング、和室(掘りごたつ式)、和室(茶室として使用可)、風呂、洗面、トイレ、庭
2階 ベッドルーム2室、中の間、トイレ
料金:一棟50,000円~100,000円(税別、人数と時期により変動)
定員:最大8名

出典:ワコール

京都市中京区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、京都市中京区には宿泊施設が421、部屋数にして10,515室が提供されている。

新規開業予定は17施設、部屋数にして2,729室が新たに提供される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同区内には町家の宿泊施設が108と数多く提供されている。

【合わせて読みたい】

三井不動産「京都二条ホテルプロジェクト(仮)」2020年夏

リスト、京都ブティックホテルのアセットマネジメント受託

コスモスイニシア「MIMARU京都 新町三条」11月8日開業

「ホテルリソルトリニティ京都御池麩屋町」10月1日開業

関連記事