ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > KNTと近畿大学が包括連携協定、産学連携へ

KNTと近畿大学が包括連携協定、産学連携へ

投稿日 : 2019.04.11

大阪府

ホテル関連ニュース

KNT-CTホールディングス株式会社と近畿大学は、本日2019年4月11日(木)、包括連携協定調印式を行った。旅行企画のノウハウを持つKNT-CTホールディングスと、マグロの完全養殖という技術を持つ近畿大学がコラボレーション。

旅行企画のKNTと、マグロの完全養殖の近畿大学がコラボ

出典:KNT-CTホールディングス

具体的には、近畿日本ツーリスト関西の営業所を近畿大学の産学連携成果PRの学外拠点とし、特徴のある店舗を実現。

また、近畿大学の建学の精神である「実学」を実践する場としてのインターンシップを実施するとともに、若い感性を取り入れた旅行企画を取り込み、多様化する旅行業態にいち早く対応する。

さらに、互いの強みを生かした旅行企画の創出。近畿大学水産研究所見学ツアーの企画化など大学が長年培ってきた養殖技術と総合旅行会社としてのノウハウを融合させ、ユニークな企画を提案していくという。

同協定により、全国有数の研究力を有し、医学から芸術まで14学部48学科の大規模総合大学である近畿大学と、近鉄グループの一員であり、近畿日本ツーリスト各社やクラブツーリズムを傘下に持つ総合旅行会社のKNT-CTホールディングス株式会社が連携することで、互いの特性を生かして、社会的な課題解決をするとともに、新しい価値の創造を目指す。

KNT-CTホールディングス株式会社 代表取締役社長 丸山 隆司氏は以下の通りコメントした。
「旅行業に関する当社の知識や経験と、近畿大学が持つ知的好奇心や感性がクロスすることで、旅行という枠を越えた成果が生まれるものと期待しています。」

近畿大学 学長 細井 美彦氏のコメントは以下の通り。
「日本を代表する旅行ブランドを有するKNT-CTホールディングス株式会社との包括連携協定を締結できることを大変うれしく思います。学生の若い感性を取り入れ、本部キャンパスのある東大阪での取り組みに留まらず、幅広く全国的な展開を期待しています。」

【合わせて読みたい】

ムーミン物語と西武文理大学、地域振興と教育振興へ連携

昭和女子大学と東武鉄道が協働で観光型インターンシップ

福岡大学と日本旅行、包括連携協定

埼玉女子短期大学、ムーミン物語と連携協力

関連記事