ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > プロパティ・パーフェクト社、キロロリゾート拡張計画公開

プロパティ・パーフェクト社、キロロリゾート拡張計画公開

投稿日 : 2019.02.06

北海道

ホテル関連ニュース

タイの不動産開発会社のプロパティ・パーフェクト社は、この度、北海道の北後志(きたしりべし)エリア、余市郡赤井川村にある「キロロリゾート」における大型拡張計画の全容を発表した。

キロロリゾート

同リゾートは、車で札幌から約60分、小樽から約30分とアクセス至便な北海道余市郡赤井川村に所在。人気観光エリアにある、北海道ならでは大自然を楽しめるオールシーズン&オールラウンドリゾート。

近隣のリゾートにみられるような大混雑がなく、日本屈指の積雪量(年間総降雪量約20m)を誇る豪雪地域であり、良質の雪や手つかずのまま生かされている大自然を満喫できる。

また、オールシーズンで様々なアウトドアレクリエーションを楽しめ、あらゆるタイプの旅行者におすすめできるデスティネーションとして、急速に人気が高まっている。

同リゾートは完璧なパウダースノーでスキーヤーたちに愛され、ウィンターシーズンの長さとICカードを採用した快適なオートゲートシステムでも人気を博してきた。

現在、冬だけでなくその他の季節も滞在を楽しめるリゾートとして人気上昇中で、アジア屈指のオールシーズン型リゾート地として成長している。

5つ星クラスのホテル2軒と、スキー場に隣接したラグジュアリーなプライベートレジデンスエリアがあり、家族連れ、カップルなど、全世代にわたって非日常のバケーションを満喫できるリゾート。

プロパティ・パーフェクト社による拡張計画

世界屈指の良質なパウダースノーに恵まれていることから、スキーヤー・スノーボーダーの間では以前より人気を博している同リゾートは、プロパティ・パーフェクトの開発によって通年で楽しめる日本屈指のマウンテンリゾートへと変貌を遂げる。

ワールドクラスのホテルやレジデンス、心躍るようなレストラン・バー、周囲を囲む山々などの魅力が満載、ショッピング施設や様々なサービス、アメニティも完備。あらゆるタイプの旅行者を魅了するデスティネーションへと進化を遂げる。

プロパティ・パーフェクト社のCEOを務めるチャーイニッド・アッタヤーナサクン(Chainid Adhyanasakul)氏は、今回の計画発表に際して次のようにコメントした。

「キロロと出会ったとき、この地を唯一無二で特別なリゾートに再生できると確信しました。世界屈指の良質なパウダースノー、比類のない山々で体験いただける様々なアドベンチャー、北海道沿岸部の街歩きなどを簡単に楽しめる、抜群のロケーションがキロロの魅力です。地域に密着したあたたかなマウンテンコミュニティを創出することで、アジアにおけるマウンテンリゾート体験のトレンドを刷新してまいります」

同リゾートを2012年に取得して以来、同社は、アジアを代表するマウンテンリゾートを造り出すことを目指してきた。同社は10年で総額1,000億円を投じる大型拡張計画によって、キロロの潜在力を引き出し、同リゾートを進化・創造する。

キロロリゾート拡張計画では、オールシーズンで楽しめる、統合型マウンテンリゾートを目指し、日本以外では体験できないユニークなアクティビティを用意し、ワールドクラスの環境を備えた5つ星リゾートを構想。

同社は、今後10年にわたって、山あいの谷間のふもとに、豪華なヴィラ、タウンハウス、アパートメントなどを備えた、魅力あふれるビレッジエリアを開発する計画に着手した。

その中心にあるのは、北海道で最初のプレミアムスキークラブとなる「ゲートウェイ」。スキーを履いたままアクセスできるショップ、レストラン、各種サービス施設、キッズセンターを完備。このヴィレッジは、ダイニング、ショッピング、各種マウンテンアクティビティサービスを総括的に提供し、各種アウトドアアクティビティや近隣の人気観光地へも便利にアクセスできるようになるという。

同社はすでに既存ホテル2軒の改修を済ませ、世界的なマリオットグループの傘下ブランドとして再オープンさせている。

「シェラトン北海道キロロリゾート」は、ゲレンデ直下に140室の客室を備えた理想的な立地が魅力。また「キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道」は、スイートルームを含む客室282室がすべてマウンテンビューという贅沢な滞在拠点。

出典:キロロリゾート

また、2019年末までに、同社はコンドミニアム開発部門で日本最高賞に輝いた「Yu Kiroro」の建設を完了。「Yu Kiroro」にはワンベッドルーム、ツーベッドルーム、スリーベッドルーム、ペントハウスの邸宅が合計108戸あり、すべてスキーで出入りできる贅沢なゲレンデ直結のプライベート レジンデンス。

レジデンスは全て家具付きで、スキーバレー、天然温泉(露天と内湯)、24時間対応のコンシェルジュ、フィットネスセンター、ラウンジ、終日オープンのレストランなどが利用できる。

北海道余市郡赤井川村ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、同リゾートが展開する赤井川村には宿泊施設が9、部屋数にして460が提供されている。

同リゾートが提供する「シェラトン北海道キロロリゾート」の140室と「キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道」の282室で400を超える客室を誇ることから、同村内の実質的に大半の客室は同リゾートによって提供されていることがわかる。

【合わせて読みたい】

2018年 最も「食事」の口コミ評価が高かったビジネスホテルとは【北海道編】

グローバルエージェンツがUNWIND HOTEL & BAR小樽を開業

北海道虻田郡留寿都村、統合型リゾート(IR)構想

北海道ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事