ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京急電鉄、三浦半島の最南端「油壺温泉」が誕生

京急電鉄、三浦半島の最南端「油壺温泉」が誕生

投稿日 : 2020.02.25

神奈川県

ホテル関連ニュース

京浜急行電鉄は、神奈川県三浦市の油壺敷地内で地下1,514mから温泉が湧出、温泉成分の多い化石海水の「油壺温泉」が誕生したことを発表ホテル京急油壺観潮荘観音崎京急ホテルを温泉が楽しめるホテルとして、2020年4月17日(金)にリニューアル開業する。

ホテル京急油壺観潮荘と観音崎京急ホテルに温泉

出典:京急電鉄

今回湧出した「油壺温泉」の泉質は「ナトリウム‐塩化物温泉」で、温泉に含まれる成分が多く浸透圧の高い高張性の療養泉。地殻変動などが地中に閉じこめられた海水に、周囲の地層や海藻・草木などが溶け込み「化石海水」となったものが源泉となっているという。この化石海水に多く含まれる「フミン酸」は、保湿性能があり肌にうるおいを与えると言われているとのこと。

ホテル京急油壺観潮荘では、大浴場の露天風呂で温泉を利用するほか、客室露天風呂では「源泉かけ流し」の温泉とする。

また、観音崎京急ホテルの温浴施設「SPASSO」へ油壺から温泉を運ぶことで、東京湾を望む露天風呂で温泉が楽しめるようになる。

さらに、両ホテルでは油壺温泉がお得に楽しめる「温泉特別宿泊プラン」を4月17日(金)から発売する。

京急グループでは、今後もグループ中期経営計画「都市近郊リゾート三浦の創生」に基づき、三浦半島の観光活性化策として油壺温泉を活用していくという。

【合わせて読みたい】

JTB、第二海堡&猿島など三浦半島観光案内事業で民間連携

三浦半島の活性化に向け京急電鉄とタイムズ24が連携

三浦半島活性化へ、浜銀・京急・ドコモが産業・観光振興PJ

城ヶ島京急ホテル建て替え、城ヶ島西部地区再整備方針

関連記事