ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京都河原町にバグースのカプセルホテル「GLANSIT」が今秋開業

京都河原町にバグースのカプセルホテル「GLANSIT」が今秋開業

投稿日 : 2018.07.18

京都府

新規ホテル情報

DDグループのビリヤード・カラオケ・ネットカフェなどを展開する株式会社バグースは2018年10月初旬にカプセルホテル「GLANSIT」ブランド2号店となる「GLANSIT KYOTO KAWARAMACHI」を、京都河原町にオープンする。所在する中京区のホテル出店状況と既存GLANSITホテルのレビュー分析とを合わせてお送りする。

新型カプセルホテル「GLANSIT」が京都河原町に進出
同ホテルは、河原町駅から徒歩1 分の好アクセスで、地上 4 階建てのビル一棟が宿泊施設となる。
空間デザインは、国内外で活躍するデザイナー森田恭通氏が代表を務める「GLAMOROUS co.,ltd.」が担当。モダンかつノスタルジックな魅力を持つ京都に相応しい温かみのある空間と、無人チェックインやIC制御、東京西川との共同開発のオリジナル・マットレスなどの最新設備を有したカプセルホテルとなっている。
GLANSITとは、「GLAMPING」 × 「TRANSIT」の意味で、快適な設備のもと、優雅に自然を満喫できる贅沢なキャンプ「グランピング」と目的地に行く途中で立ち寄ること、中継することの意味である「トランジット」を掛け合わせた造語。
GLANSITは多様な目的を持つゲストの都市活動の拠点として、また安らぎある癒しの空間として新たなホテルの価値を提案する。
2017年10月、秋葉原に、バグース新業態となるカプセルホテル「GLANSIT AKIHABARA」がオープンしたのに続き同ホテルは2軒目となる。
床数は132で、ゲストが利用シーンに合わせ、滞在時間をフレキシブルに選べる「休憩プラン」と「宿泊プラン」を用意する。
・休憩プラン
終日受付 1時間980円~
・宿泊プラン
19時間 2,800円~
※料金は参考価格。曜日やシーズン、宿泊プランによって変動。
男女別のフロアとなり、1階の女性専用フロアのラウンジは書籍・雑誌をそろえてフリードリンクのコーナーに。2階以上が男性フロアとなり、緑に囲まれた屋上のテラスラウンジも設け、くつろぎの空間を演出する。
住所:京都府京都市中京区河原町通四条上米屋町380番2号

出典:DDホールディングス

京都市中京区ホテル出店状況
同ホテルが所在する中京区のホテル出店状況は、メトロエンジンリサーチによると、宿泊施設数が383、部屋数にして9,698が提供されている。
同区内には、新設のホテルは同ホテルの他にエースホテルなど8軒が予定されている。
カテゴリー別では既存のカプセルホテルが同区内には「カプセルリゾート京都スクエア」や「ザプライムポッド京都」など5軒が進出していることから、これらが競合となりそうだ。

GLANSIT AKIHABARAー既存店レビュー分析
メトロエンジンリサーチのレビュー分析によると、既存店のGLANSIT AKIHABARAへの利用客の評価は総じて高く、特に客室の快適さや清潔感、Wi-Fi設備を評価する声が多くあがっている。
課題としては、騒音や設備アメニティについてネガティブな意見も若干ながらみられることから、これらの改善に取り組むことで、新設開業に向けてさらなる評価の向上につながりそうだ。


出典:DDホールディングス

【関連記事】

エースホテル京都が2019年末開業ー隈研吾デザイン

「アリストンホテル京都十条」が5月10日開業

プリンスホテルが京都東山で旧校跡地のホテルを2019年夏に開業ーパークハイアット京都も出店、京都市東山区ホテル出店状況

「ネストホテル京都四条烏丸」が本年8月15日に開業ー2017年京都市観光統計、下京区ホテル出店状況
プレミアホテルグループが「京都山科 ホテル山楽」を10月27日に開業

関連記事