ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 温浴施設複合型ホテル「かるまる 池袋」2019年12月3日開業

温浴施設複合型ホテル「かるまる 池袋」2019年12月3日開業

投稿日 : 2019.11.06

東京都

新規ホテル情報

宿泊施設や温浴施設の運営及びコンサルティングを行う株式会社N1は、2019年12月3日(火)に東京都豊島区池袋にて関東最大級のサウナ施設を有する温浴施設複合型ホテル「かるまる 池袋」を開業する。

関東最大級サウナ施設、次世代型スパ・温浴施設複合型ホテル

出典:N1

自然の中で生きる人間本来の状態でくつろげる『大自然の魅力』と、利便性・機能美に溢れた『都会のメリット』を融合させた「人間回帰」が「かるまる 池袋」のコンセプト。

日本人のDNAに深く刻まれた、日本ならではの自然文化・伝統を取り入れることで、人間がより人間らしくなれる、機能美と利便性を兼ね備えた自然の力溢れる癒しの空間を実現したという。

出典:かるまる 池袋

【同ホテル 概要】
所在地:東京都豊島区池袋2丁目7−7
アクセス:JR山手線・東京メトロ「池袋駅」西口のC6出口より徒歩30秒
客室数:ホテルタイプ30室、カプセルタイプ124室

施設料金:
会員:¥2,480-
一般:¥2,980-
60分コース:¥1,480-
深夜料金:¥1,980-(午前0時~5時に入館・滞在の客)

宿泊
カプセル(VIP):¥4,980~
カプセル(VIPシアター):¥5,980~
客室 シャワートイレ無(コンパクトシングルルーム):¥6,980~
客室 シャワートイレ有(ラグジュアリーシングルルーム):¥8,980~

出典:N1

東京都豊島区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、東京都豊島区には宿泊施設が196、部屋数にして12,595室が提供されている。

新規開業予定は7施設、部屋数にして592室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

アパホテル〈山手大塚駅タワー〉2019年10月11日開業

アパホテル〈駒込駅前〉2019年6月4日開業

東京23区ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

関連記事