ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「金沢尾張町ホテルプロジェクト(仮)」2023年初開業

「金沢尾張町ホテルプロジェクト(仮)」2023年初開業

投稿日 : 2019.12.06

石川県

新規ホテル情報

ケン・コーポレーションおよびケン不動産リースは、石川県金沢市尾張町一丁目370番他(地番)における「(仮称)金沢尾張町ホテルプロジェクト」について、開発計画の概要を決定した。

客室数は223室(予定)、開業は2023年初頭を予定

同計画は、日本郵便株式会社が所有する土地を株式会社ケン・コーポレーションが賃借のうえ、建物を建築し、竣工後、プレミアホテルグループ(ケン不動産リース株式会社)がホテルとして運営するもの。同計画におけるホテルブランドについては未定。

現在のところ2020年夏頃の新築建物工事着手を予定しており、客室数は223室(予定)、開業は2023年初頭を予定している。

223室(予定)の客室は、平均34m2を超え、約67m2のスイートルームを含む多彩なタイプを用意し、古都金沢におけるデスティネーションホテルとして快適な滞在空間を提供。なお、計画地で現在営業中の金沢近江町郵便局については、工事中は仮移転し継続して営業する予定とのこと。

計画地は、百万石通りの内側に立地し、近江町市場・金沢城公園・兼六園・主計町茶屋街等の観光スポットが徒歩圏にあるほか、北鉄バス「武蔵ヶ辻・近江町市場」停留所から徒歩約4分の距離にある。観光・レジャーやビジネスの拠点として、国内外の顧客の宿泊ニーズに応えるという。

【同計画 概要】

計画名称:(仮称)金沢尾張町ホテルプロジェクト

所在地:石川県金沢市尾張町一丁目370番他(地番)

敷地面積:4,057.40m2(1,227.36坪)

延床面積:15,859.67m2(4,797.55坪)

構造規模:鉄筋コンクリート造 地上6階・地下1階

客室数:223室(予定)

事業主:株式会社ケン・コーポレーション

運営者:プレミアホテルグループ(ケン不動産リース株式会社)

設計:株式会社国建

施工:未定

着工:2020年夏頃(予定)

開業:2023年初頭(予定)

石川県金沢市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、金沢市には宿泊施設が292、部屋数にして12,756室が提供されている。

新規開業予定は8施設、部屋数にして1,161室が新たに供給される見込み。

【合わせて読みたい】

「EIGHT POINT INN KANAZAWA」2019年12月12日開業

「アゴーラ・金沢」2019年11月1日開業

ザ シェア ホテルズ クム 金沢、2019年度グッドデザイン賞

「ホテルフォルツァ金沢」2019年10月初旬開業

石川県ホテル開発ランキング(2019年9月現在)

石川県ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事