ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JTB、国内初!MRを活用した訪日外国人向け実証実験を実施

JTB、国内初!MRを活用した訪日外国人向け実証実験を実施

投稿日 : 2019.05.20

北海道

インバウンド

JTBは、株式会社ポケット・クエリーズの協力を得て、Mixed Reality(複合現実)を活用した訪日外国人旅行者を北海道むかわ町へ誘導する実証実験を5月25日から5月31日まで新千歳空港で実施する。Mixed Realityを活用した訪日外国人旅行者誘致の取り組みは、国内初となる。

新千歳空港で北海道むかわ町の地域誘客プロジェクト

新千歳空港のエリアスペースに設けられたコーナーへ訪れた旅行者は、Mixed Realityを実現するヘッドマウントディスプレイであるMicrosoft HoloLens(Windows 10 を搭載し、携帯電話やパソコンなどの外部機器と接続する必要がなく、ワイヤレスで使用できる、全く制約のない初めてのホログラフィックコンピューター)を通じて、むかわ町で発見されたむかわ竜(むかわ町穂別産)の実物大を3Dアニメーションで体験することができる。

コンテンツはむかわ町の協力を得ており、この体験をきっかけに、むかわ町の認知向上を支援するとともに、むかわ町へ訪問してもらうことを目的としている。むかわ竜が実物大で動き回るインタラクティブなMixed Realityのコンテンツを開発したのは、Mixed Reality Partnerプログラムに認定されたポケット・クエリーズ。

JTBでは、今回の実証実験を皮切りに今後もMixed Realityのコンテンツを活用した訪日外国人旅行者を誘致するプロジェクトを推進し、各自治体と共同で町おこし・地域誘客の支援を進めていく考え。

Mixed Reality(複合現実)とは、3Dグラフィックなどで作られた映像や画像(ホログラム)を、現実世界に重ね合わせて表示することで、目の前に実物があるかのように見たり、動かしたりできる技術。

ホログラムを拡大、縮小、回転、移動など操作できることから、模型を実物大で複数人の前に表示して議論を深めたり、手順を確認しながら作業できたり、製造、建築、教育、医療など様々な業種において、活用が期待されている。

【合わせて読みたい】

JTB・ABC・ドコモ、「食」からはじまる地域ブランド化サービスの提供開始

JTB「MY TRAVEL Remote Box」5月7日(火)オープン

JTB、第二海堡&猿島など三浦半島観光案内事業で民間連携

JTB、GW2019の旅行動向見通しを発表

JTBと未来シェア「観光型 MaaS」推進へ資本業務提携

関連記事