ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR西日本、AI通訳機「ポケトーク」正式導入へ

JR西日本、AI通訳機「ポケトーク」正式導入へ

投稿日 : 2019.01.19

指定なし

インバウンド

JR西日本は海外からの顧客に対して「POCKETALK®(ポケトーク)」を一部の駅で試行を進めてきたが、このたび正式に導入し、同社が準備するコミュニケーションツールの一部に加わることになった。

新たに正式導入する「POCKETALK®(ポケトーク) W」(提供:ソースネクスト株式会社)は、世界74言語に対応し互いに相手の言葉を話せなくても、まるで通訳がいるように対話できるAI通訳機。 対話のために設計された専用機ならではの、使いやすさが特長。

以下の駅で導入される。京都駅、嵯峨嵐山駅、新大阪駅、関西空港駅、西九条駅、新今宮駅、奈良駅、新神戸駅、三ノ宮駅、神戸駅、姫路駅。

また、海外からの顧客が多く訪問するその他の駅にも機動的に配置する。

導入日は2019年1月21日(月曜日)から。

【合わせて読みたい】

相鉄、通訳機「ポケトーク」を全駅に導入

ポケトークが新宿御苑の接客ツールに

「ポケトーク」が居酒屋「つぼ八」など18店舗で接客ツールに

ソースネクスト「POCKETALK アンバサダー」募集


関連記事