ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR西日本、アプリ観光型MaaS「setowa」配信開始

JR西日本、アプリ観光型MaaS「setowa」配信開始

投稿日 : 2019.10.30

広島県

愛媛県

ホテル関連ニュース

西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)は、スマートフォン向けアプリ『観光型MaaS(Mobility as a Service)「setowa」』の配信を開始した。

「せとうち観光アプリsetowa(せとわ)」は、出発地から目的地までの新幹線をはじめとする鉄道に加え、現地の船舶、バス、タクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェアリングなどの二次アクセスの一部を、スマートフォンでシームレスに検索・予約・決済することができる統合型サービス。

交通手段のほかにも、目的地、立寄地を入力することにより、カンタンに旅程を作成することが可能。アプリの画面を見せるだけで乗車船・入館できるデジタルフリーパス・チケットなど、瀬戸内エリアにおける旅行を快適にするアプリ。

出典:setowa

【利用エリア】

広島県東部を中心とするエリア〈呉市(大崎下島)・竹原市・三原市・尾道市・福山市・大崎上島町および愛媛県今治市 (大三島)〉

【実施期間】

2020年3月31日まで

【実施主体】

JR西日本

【参画団体】

ジョルダン株式会社、JapanTaxi株式会社、株式会社電脳交通、タイムズ24株式会社、JR西日本レンタカー&リース株式会社、一般社団法人しまなみジャパン、株式会社ぐるなび、株式会社ジェイアール西日本フードサービスネット、株式会社日本旅行、瀬戸内海汽船株式会社など

[協力]広島県、一般社団法人せとうち観光推進機構

【アプリ概要】

タイトル:「せとうち観光アプリsetowa(せとわ)」

対応端末:iOS 9.3.5以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応/Android5.0以上

料金:無料 ※アプリのダウンロード・利用には別途通信料が必要

【合わせて読みたい】

JR西日本、明石市と鉄道沿線のまちづくりに関し包括連携

大津市内・比叡山でMaaS実証実験を2019年11月より実施

観光地型「志摩MaaS」第1弾実証実験10月1日開始

国交省、日本版MaaSの展開に向けて先行モデル19事業選定

関連記事