ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR西日本、多拠点コリビング「ADDress」に出資

JR西日本、多拠点コリビング「ADDress」に出資

投稿日 : 2020.03.30

指定なし

バケーションレンタル

JR西日本イノベーションズは、定額制で全国どこでも住み放題の多拠点コリビング(coliving)サービス「ADDress(アドレス)」を展開する株式会社アドレスに出資した。

関係人口市場の拡大&西日本エリア地域の活性化に向けて

JR西日本イノベーションズは、JR西日本の「JR西日本グループ中期経営計画 2022」(2018年4月)に基づき、西日本エリアを中心とした地域の活性化と、「なんども訪れたくなるまち、沿線づくり」を共に実現できるベンチャー企業との提携を進めている。

今回、JR西日本イノベーションズが出資したADDressは、定額制で全国の家に自由に住める多拠点コリビング(co-living)サービスを展開しており、同サービスなどを通して、全国で進行する人口減少や空き家の増加、都市部への人口集中等の社会課題の解決に取り組んでいる。

またADDressは、空き家を活用して多拠点生活を楽しむだけでなく、全国各拠点で、起業やまちづくりなどで活躍するローカルイノベーターらとも連携し、各地にて複業や教育、文化、医療活動などにも関わる関係人口の創出を目指していくという。

これらを踏まえ、今回のADDressとの提携により、JR西日本が保有する鉄道ネットワークとADDressが構築していく多拠点居住ネットワーク及び各エリアでのコミュニティ創出力を連携させたサービスを開発し、西日本各エリアの地域活性化、そして誰もが「なんども訪れたくなるまち、沿線づくり」を共に目指していくとのこと。

出典:JR西日本

ADDressはJR東日本とも昨年10月に資本業務提携を締結している。

【合わせて読みたい】

JR東日本グループと多拠点居住のアドレスが資本業務提携

ANAとアドレスが航空券サブスクの実証実験

関連記事