ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JAL・JR九州、九州を元気に!「どこかにマイル」で九州へ

JAL・JR九州、九州を元気に!「どこかにマイル」で九州へ

投稿日 : 2018.12.06

福岡県

佐賀県

長崎県

大分県

ホテル関連ニュース

JALとJR九州は、 JALが野村総合研究所(NRI)と共同開発した国内線特典航空券「どこかにマイル」で、行き先が九州内の各空港に確定した顧客を対象として、フリーきっぷをマイルで交換できるオプションサービス、「JR 九州 フリーきっぷ特典」を本日12月6日(木)から開始する。

JR 九州のフリーきっぷが JAL のマイルで交換可能に

「JR九州フリーきっぷ特典」は、九州を元気にしたいという思いで発案され、特に「平成29年7月九州北部豪雨」による災害から全線復旧した久大本線沿線および世界遺産に認定されたエリアなどのさらなる活性化を目指し、三社が協力して実現した。

「北九州」、「由布院・ 別府」、「西九州」の 3 つのフリー区間の中から、顧客の目的地に合わせて、在来線の特急列車および快速・普通列車に乗り降り自由なフリーきっぷに交換できる。

「どこかにマイル」とは、利用日(往路搭乗日の1カ月前から7日前まで)・時間帯・人数(4名まで)を選択後、羽田・伊丹・関西空港を出発地とした4つの行き先候補の中から「どこかに」往復できる特典航空券が、1人あたり6,000マイルで交換できるサービス。

JR九州フリーきっぷ特典は、2018年12月6日からサービスを開始、「どこかにマイル」で羽田空港発、行き先が九州内の各空港(福岡、北九州、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島)に確定した顧客が利用可能になる。

三社は「どこかにマイル」を利用して、多くの顧客に九州に来てもらい、そして「JR 九州フリ ーきっぷ特典」を利用して、九州各地を旅してもらうことを通じて、「九州の元気づくり」に寄与したい考え。「どこかにマイル」とあわせて「JR 九州フリーきっぷ特典」の活用を期待している。

【合わせて読みたい】

長崎と天草「潜伏キリシタン」世界遺産登録へ

阿蘇市、竹田市、JR九州「JR豊肥本線を活用した観光振興」

JR九州ホテルズのホテル・旅館に「Alipay」導入

関連記事