ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 訪日中国人観光客の接客・集客最先端を学ぶセミナー、都心連続開催

訪日中国人観光客の接客・集客最先端を学ぶセミナー、都心連続開催

投稿日 : 2020.02.14

東京都

インバウンド

ホテル直販時代の到来!宿泊業界インバウンドセミナー」が2月27日(木)に東京・八重洲で開催。また、「ホスピタリティ・セールス&マーケティング2020 in 東京」が3月4日(水)に東京・丸の内で開催。両セミナーでは訪日中国人観光客向けの最先端の集客手法やスーパーアプリの活用術などを学ぶ。※3月4日の回のみ延期となりました(2/21再編集)。

ホテル直販時代の到来!宿泊業界インバウンドセミナー

訪日外国人数は2012年から7年連続過去最高を更新し、なかでも中国観光客が全体消費額の約1/3を占め、インバウンドマーケティングのカギを握る。

テクノロジーの発展およびソーシャルネットワークサービスの普及により、中国観光客と直接つながることが可能になっており、ホテル直販時代がすぐそこにある。

同セミナーでは、中国人観光客をめぐる環境や最新のテクノロジーの可能性とその接客・集客のポイントを学ぶ。

日時:2020年2月27日(木)13:00~15:00(開場12:45)

場所:ベルサール八重洲 Room 6(東京都中央区八重洲1-3-7 八重洲ファーストフィナンシャルビル3F)

定員:40名(無料)

プログラム :

13:00

「中国市場へダイレクトアクセス ~ホテルの越境ECは今がチャンス~」

板倉 康和 氏 クラウドイット株式会社代表取締役社長

13:30

「直予約を可能にするWeChatの活用 ~中国人インバウンド客向けの接客・集客ツールQRHOTELについて~ 」

花 東江 氏 株式会社イー・ビジネス代表取締役社長

14:10 15:00

サービス展示・交流タイム

登壇者プロフィール:

・板倉 康和 (いたくら やすかず)氏 クラウドイット株式会社代表取締役社長

NECのホテルソリューション事業に長年従事。NEHOPSの商品企画、開発、大規模プロジェクト のプロジェクトマネジメント、販売に携わる。グローバルなOTA萌芽期にNECとペガサスソリューションとのアライアンスを実現させ、日本の旅行代理店業界にも深く関わるようになる。

HEDNA会員およびHEDNA University 1.0, 2.0修了者。HFTP会員。2011年NEC退職後クラウドイット社を設立しサービス事業、コンサルティング事業を起業する。ホテル業界での特にITソリューション全般のインテグレーションや、インバウンド分野におけるOTA 向けチャネルマネジメントソリューションやインタネット予約エンジンによる売上拡大をテーマにしたシステム構築コンサルティング活動を行っている。また翻訳サービス、各種海外ベンダーを利用する際のシステム支援サービスを中心としたインバウンド関連業務支援サービスを提供している。

・花 東江 (か とうこう)氏 株式会社イー・ビジネス代表取締役社長

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2020-01-16-13.08.32.jpg です

2003年、日本のIT企業にSEとして入社。2007年、株式会社イー・ビジネスを創業し、システム開発を中心にメガバンクシステムの基盤改造や大手保険会社のシステム構築など多数の大型プロジェクトに参画。

中国人を中心に多文化人材を積極雇用し、現在では社員236人中90%が外国人というSI企業では日本最大級の独立系外国人組織を作り上げる。中国大手テクノロジー企業のマネジメント層ネットワークを活用し、各企業の日本進出のアドバイスや進 出支援ビジネスを開始。日中ビジネス、チャイナ・イノベーションの知見を活かし「インバウンド」 「AI」「IoT」をキーワードに日中間ビジネスの動向を常にウォッチしている。

申し込みは公式資料参照のこと。

ホスピタリティ・セールス&マーケティング2020 in 東京(※延期となりました(2/21再編集))

東京2020オリンピック・パラリンピック大会の開催まであと半年。当初、今年の訪日外国人は4000万人にも上ると期待されており、ホテル・旅館業においても大きなビジネスチャンスとなっている。

そのなか、外国人観光客に対して、いかに満足度の高いサービスを提供できるかがキーとなる。

同セミナーではホテル・旅館業におけるインバウンドの現状と課題を分析した上でLINE、WeChatなどのスーパーアプリの可能性を提示し、課題解決のためのヒントを学ぶ。

日時:2020年3月4日(水)15:00~17:00(開場14:45)

場所:東京海上日動ビル 1F マリンギャラリー(東京都千代田区丸の内一丁目2番1号)

定員:80名(無料)

プログラム:

15:00

「スーパーアプリが変える集客手法と顧客の滞在体験」

櫻井 義大 氏 株式会社ベンチャーリパブリック トラベル事業部 営業・事業開発部門長

15:30

「ホテル・旅館業向け中国インバウンド観光客 接客・集客支援ツール「QRHOTEL」について」

花 東江 氏 株式会社イー・ビジネス 代表取締役社長

16:00

「観光産業におけるレピュテーションマーケティング とリスクについて」

井口 了太 氏 共同ピーアール株式会社

16:30

交流タイム

登壇者プロフィール:

・櫻井 義大(さくらい よしひろ)株式会社ベンチャーリパブリック トラベル事業部営業・事業開発部門長

草津白根観光ホテル櫻井にて営業及びホテル運営、株式会社農協観光にて海外商品造成及び航空仕入の仕事を経て、2008年から8年間、スターウッド ホテル&リゾートにて世界100か国1,200軒のホテル販売、25軒のホテル運営及び新規事業開発に従事。

2017年より株式会社ベンチャーリパブリックにて、『LINEトラベルjp』の立ち上げに事業責任者として貢献。現在は事業開発責任者として国内外の取引拡大に従事。

デジタルマーケティングを主体に既存のマーケティング組織の変革を行い、ホテルの販売形態改革を実施。それにより販売機会の拡大、収益性のアップに貢献。

・花 東江(カ トウコウ)株式会社イー・ビジネス 代表取締役社長

同上

・井口 了太 (いぐち りょうた)共同ピーアール株式会社 第4ユニット ユニット長

2000年、共同ピーアール入社。国内自治体、官公庁、リゾート、宿泊予約、航空、不動産、化粧品、酒造メーカーなどに加え、コンサルティングファーム、データベース、ビジネスインテリジェンス、グルメガイドブック、玩具など外資系大手企業のPRディレクションを数多く担当。

2014年4月~2015年 中国・共同拓信公関顧問(上海)に、董事・総経理として出向。 20年に渡るPR経験により、経済/産業紙・誌、ビジネス紙・誌の第一線記者との深いメディアネットワークを持つ。

申し込み詳細は公式資料参照のこと。

【合わせて読みたい】

ホスピタリティ・セールス&マーケティング2020 in 大阪、1月29日(水)開催

イー・ビジネス、中国共同購入型クーポン「美団」、クチコミ「大衆点評」と連携

イー・ビジネス、新型コロナウイルス対策 ホテル接客アプリ

関連記事