ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ゼロ・ウェイストアクションホテル「HOTEL WHY」2020年4月25日開業

ゼロ・ウェイストアクションホテル「HOTEL WHY」2020年4月25日開業

投稿日 : 2020.02.28

徳島県

新規ホテル情報

徳島県勝浦郡上勝町に2020年4月25日(土)、リサイクルごみ集積場の「ごみステーション」、「くるくるショップ」、「ゼロ(0)・ウェイストアクションホテル」、「セミナールーム」、「ラボ」から成る環境型複合施設『上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY・ワイ)』が誕生。

上勝町で伐採された杉材や不要になった具や家具を活用

出典:トランジットジェネラルオフィス

上勝町とのプロジェクトの発案から約10年を経て、2020年4月25日(土)に『上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY・ワイ)』が開業することとなった。ブランディング・クリエイティブプロダクション・エクスペリエンスデザインは株式会社トランジットジェネラルオフィス、建築設計は中村拓志&NAP建築設計事務所が担当。

上勝町が2003年日本で初めて「ゼロ・ウェイスト(Zero=0、Waste=廃棄物)宣言」を行なって以来、上勝のごみステーションには日本だけではなく世界中から環境問題に興味を持った人々が見学に訪れて来たという。

そこで『上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY・ワイ)』では、住民配慮の環境整備に加えて、より多くの人々にゼロ・ウェイストに対する取り組みを知り、体験してもらうことができる、環境型複合施設としての機能を充実。今後は環境教育のデスティネーションとして活用されるという。

『上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY・ワイ)』は標高700m以上の山地に覆われ、深い渓谷を成す絶景を望む場所に位置。ゼロ・ウェイストの理念を体現する為、上勝町で伐採された杉材や不要になった具や家具などを活用し、大量消費・大量生産社会と一線を画す建築を目指すとのこと。

「ゼロ(0)・ウェイストアクションホテル『HOTEL WHY』」の予約は2020年2月29日(土)より開始する。

出典:トランジットジェネラルオフィス

部屋数:全4室
1部屋あたりの人数:2名以上4名まで
予定客室価格:1泊朝食付き 12,000円〜
(1室2名の一人あたりの税抜料金)

徳島県勝浦郡上勝町にはメトロエンジンリサーチによると、上勝町には宿泊施設が7、部屋数にして26室のみとなっている。

【合わせて読みたい】

「森のタンブラー」「e-tray(食べられる器)」を利用したイベントのゼロ・エミッション化  

和歌山県・有田川町で木質バイオマス発電

横浜で「木のストロー」飲食店ホテルに提供、産業福祉連携

カンナ削りの“木のストロー”がG20大阪サミットで採用

東急ホテルズ、木材活用で森林再生「グリーンコイン」

関連記事