ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ホテルトラスティ プレミア 熊本」2019年10月9日開業

「ホテルトラスティ プレミア 熊本」2019年10月9日開業

投稿日 : 2019.04.08

熊本県

新規ホテル情報

リゾートトラスト株式会社は、熊本市中央区桜町に新規開設する「ホテルトラスティ プレミア 熊本」について、開業日を2019年10月9日(水)に決定。宿泊予約の受付を本日2019年4月8日(月)から開始した。

デザインコンセプトは「和魂洋彩」

出典:リゾートトラスト

「ホテルトラスティ プレミア」は、従来の「ホテルトラスティ」の上位ブランドとして、「Stylish(洗練された)」「Comfortable(快適性)」「Valuable(価値観)」の3つのコンセプトに、「Dramatic(ドラマティック)」を加えた。

ラグジュアリー性を高め、荘厳なロビーは、足を一歩踏み入れた時の 「新しい物語が始まるような予感」をドラマティックに演出。客室は、シャワーブース付バスルームを採用し、客室面積も「ホテルトラスティ」より広く設計することで、ゆとりある寛ぎの時間を過ごせる。

「ホテルトラスティ プレミア 熊本」は、日本最大級のバスターミナルに加え、テナント数148店舗の商業施設・シネマコンプレックス・保育施設・ブライダル施設・オフィス・ホール・会議場・展示場などから構成される「熊本都市計画 桜町地区第一種市街地再開発事業」内に開設される。

出典:リゾートトラスト

観光やビジネス・文化・交流の中心地としての宿泊需要に応え、上質なおもてなしを提供する。

「ホテルトラスティ プレミア 熊本」のデザインコンセプトは「和魂洋彩」。「和」の感性を「洋」でしつらえた多彩なデザインで、ゲストを迎える。火の国・熊本の熱いスピリットとエネルギッシュな魂をデザインのモチベーションとしており、威風堂々・絢爛豪華かつ荘厳な空間が非日常へと誘う。

「ホテルトラスティ」シリーズでは「街」との結びつきを高め、その街のコミュニティの中心的存在となり、様々な人々が様々な目的で集い、常に新しい物語が生まれるホテルを目指していくという。

「ホテルトラスティ」は、名古屋3施設、大阪2施設、東京・神戸・金沢各1施設の、合わせて8施設を展開。2019年には「ホテルトラスティ プレミア」の日本橋浜町に続いて、熊本の開業を予定している。

出典:リゾートトラスト

【「ホテルトラスティ プレミア熊本」概要】

名称:ホテルトラスティ プレミア 熊本

所在地:熊本県熊本市中央区桜町3番13、14

アクセス:熊本駅から市電で約12分/熊本駅から車で約10分

客室数 : 205室

付帯施設:カフェ レストラン、鉄板焼、プライベートルーム

出典:リゾートトラスト

熊本県熊本市中央区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、熊本県熊本市には宿泊施設が117、部屋数にして8,848室提供されている。

熊本市中央区には宿泊施設が74、部屋数にして6,805室が提供されており、新規開業予定は5施設、部屋数にして937室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同ホテルは205室で開業すると、8位にランクインする。

【合わせて読みたい】

熊本地震から2年、熊本県で5月連休宿泊施設フル稼働、新規ホテル開業も

「JR九州ホテル 熊本」2019年2月20日閉館

JR九州、熊本駅北ビル(仮称)開発

JR九州、駅ビル事業及びホテル事業の再編

関連記事