ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「星野リゾート 界 ポロト」2021年冬開業

「星野リゾート 界 ポロト」2021年冬開業

投稿日 : 2020.03.18

北海道

新規ホテル情報

星野リゾートは、北海道・白老(しらおい)町と2018年6月28日に締結した「パートナーシップ協定書」に基づき、温泉旅館を開業することとし、その施設名称を「星野リゾート 界 ポロト」(42室)に決定した。アイヌの人々の暮らしや自然観、家族観から学び、現代にあった新しい形で再現する。

アイヌ文化を尊重し異なる民族との共生を体感

界 ポロトは、星野リゾートが全国で16施設を展開する温泉旅館ブランド「界」としては、界 長門(2020年3月12日開業)、界 霧島(2021年開業)、界 別府(2021年開業)に続いて19軒目、北海道では占冠村にある「リゾナーレトマム」、旭川市にある「OMO7旭川」に続き3軒目。

界 ポロトは、2021年冬に開業を目指しており、設計は建築家の中村拓志(なかむらひろし)氏が手掛ける。

世界的にも珍しい植物由来の有機物を含有する「モール泉」が湧出する白老温泉。界 ポロトは、野鳥等も生息する北海道の天然林に囲まれたポロト湖畔に面し、全客室レイクビューとして、宿泊施設からでも四季折々に色づく景色を楽しめる。

湖面にはアイヌの建築方法である、丸太組みの三脚構造を再解釈した「カシ」と呼ばれる湯小屋が集落の様に佇む。まるで湖に浸かっているかのような露天風呂は、モール泉を心行くまで満喫でき、「ココロカムイ」(温泉の神)に感謝を捧げる神聖な空間となる。アイヌの人々の暮らしや自然観、家族観から学び、現代にあった新しい形で再現したデザインとなるという。

温泉旅館ブランド「界」は、その土地、その季節でしか出会えない日本ならではのおもてなしと、心地よい和にこだわった快適な空間を提供している。

界 ポロトは、白老町及び隣接する民族共生象徴空間「ウポポイ」の関連団体と連携をとりながら、アイヌ文化を尊重し、ゲストがアイヌ文化や異なる民族との共生を体感することのできるよう、こだわりのおもてなしを提供していくという。

出典:白老町

2020年4月24日に白老町ポロト湖畔に誕生するウポポイ(民族共生象徴空間)は、先住民族であるアイヌの文化復興等に関するナショナルセンター。アイヌを主題とした日本初の国立博物館で国立アイヌ民族博物館・国立民族共生公園・慰霊施設が整備される。「ウポポイ」はアイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味する。

【計画概要
施設名称:星野リゾート 界 ポロト
所在地:北海道白老郡白老町若草町1-1018-1
敷地面積:9963平米
建築面積:2015平米
延床面積:4906平米
階数:地上4階
客室数:42室
設計:株式会社NAP建築設計事務所、前田建設工業株式会社
着工日:2020年5月中旬(予定)
開業時期:2021年冬(予定)

北海道白老町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、白老町には宿泊施設が30、部屋数にして300室が提供されている。

貸し別荘が多く展開しているエリア。

森林域はヒグマの生息地でポロト湖付近などでヒグマが出没することがある。

出典:白老町

【合わせて読みたい】

「星野リゾート OMO3東京川崎」2020年6月11日改装開業

「星野リゾート 界 霧島」2021年開業

星野リゾート、2019-20年 国内外で8施設を開業

星野リゾート、北米展開へ「サーフジャック ハワイ」2020年1月15日運営開始

「星野リゾート リゾナーレ小浜島」2020年4月20日開業

「星野リゾート BEB5土浦」2020年3月19日開業

関連記事