ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「星野リゾート OMO3東京川崎」2020年6月11日改装開業

「星野リゾート OMO3東京川崎」2020年6月11日改装開業

投稿日 : 2020.02.05

神奈川県

新規ホテル情報

星野リゾートは、2020年6月11日に「星野リゾート OMO3東京川崎」(神奈川県・川崎市)をリニューアルオープンする。同施設はディープな川崎の街を楽しみつくす星野リゾート初の都市観光ホステル。

星野リゾート初の都市観光ホステル

同施設は星野リゾート初の都市観光ホステル。もっと旅の選択肢を増やしたい、もっと気軽に旅に出て欲しいという思いから生まれたという。

1泊2,818円〜と思い立ったらすぐに行けるリーズナブルな価格ながらも、過ごし方に合わせて選べる客室や、自由に過ごせる広々としたパブリックスペース、ディープな川崎の街を楽しみつくすサービスなど旅のテンションを上げる工夫が盛りだくさん。都市観光客の目線で滞在の楽しみ方を提供するホステルという。

客室は3タイプ。

NEDOCO Pod(ねどこぽっど)

出典:星野リゾート

旅を気軽に楽しみたい人におすすめ。ついつい潜り込みたくなるようなドミトリータイプ。ベッドはセミダブルサイズで、歩きつかれた足を投げ出しても余裕のある広々空間。ブックライトやセキュリティボックス、ハンガーレールなどコンパクトながらも快適に過ごせる。秘密基地にいるような気分で、ひとりの時間を気ままに満喫できるという。

COBACO Cabin(こばこきゃびん)

出典:星野リゾート

プライベート空間が譲れない方におすすめする鍵のかかる個室タイプ。大きな荷物を広げられるスペースもあり、人の目を気にせずのびのびと過ごせるという。

SUMICA Room(すみかるーむ)

出典:星野リゾート

2人でも宿泊できる客室。ソファや専用シャワールームを備え、フックをアレンジできる仕掛け壁といった旅行者が使いやすい工夫を詰め込んでいるという。

【同施設 概要】
所在地:神奈川県川崎市川崎区小川町17-1
施設構成:客室、共用シャワールーム、パブリックスペース「OMOベース」、セルフバゲージスペース
客室数:227室
料金:1泊2,818円~(1名1室利用時、税別、食事別)
アクセス:JR川崎駅より徒歩7分、京急川崎駅より徒歩10分
開業日:2020年6月11日
予約開始日:2020年3月4日

出典:星野リゾート

神奈川県川崎市川崎区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、神奈川県川崎市には宿泊施設が97、部屋数にして7,019室が提供されている。

また、川崎市川崎区には宿泊施設が61、部屋数にして4,667室が提供されている。

【合わせて読みたい】

星野リゾート、2019-20年 国内外で8施設を開業

星野リゾート、北米展開へ「サーフジャック ハワイ」2020年1月15日運営開始

「星野リゾート リゾナーレ小浜島」2020年4月20日開業

「星野リゾート BEB5土浦」2020年3月19日開業

関連記事