ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > HISと住友林業、三重県多気町の新規宿泊施設の保有会社設立

HISと住友林業、三重県多気町の新規宿泊施設の保有会社設立

投稿日 : 2018.11.23

三重県

新規ホテル情報

住友林業は、エイチ・アイ・エスの子会社であるH.I.S.ホテルホールディングス(H.H.H.)と滞在型複合施設「アクアイグニス多気」(三重県多気町)の宿泊施設を開発・運営。H.H.H.と住友林業の共同出資で宿泊施設の保有会社を設立する。

「アクアイグニス多気ホテルアセット株式会社」設立

住友林業株式会社は、株式会社エイチ・アイ・エスの子会社であるH.I.S.ホテルホールディングス株式会社(H.H.H.)と滞在型複合施設「アクアイグニス多気」(三重県多気町)の宿泊施設を開発・運営する。2018年12月中にH.H.H.と共同出資で宿泊施設の保有会社「アクアイグニス多気ホテルアセット株式会社」を設立。2020年のオープンに併せて、ホテル・旅籠・ヴィラを開設予定。また今後これら宿泊施設の運営会社をH.H.H.、株式会社アクアイグニス、住友林業の3社で設立する予定。

アクアイグニス多気は、株式会社アクアイグニスをはじめとする民間企業が、三重県や多気町などの行政、三重大学や地元高校といった教育機関と連携して地方創生を目指す「癒し」と「食」をテーマとした滞在型複合施設。

2018年8月に全国初の民間施設に直結した高速道路のスマートインターチェンジとして国交省から連結許可を取得した。約71ヘクタールを、産・官・学一体で開発し、商業、宿泊、温浴、体験、産直市場などの施設や薬草園・農場を整備する予定。

客室数:208室(ホテル棟154室、旅籠46室、ヴィラ8室(8棟))を予定。

【新会社概要】

名称:アクアイグニス多気ホテルアセット株式会社

所在地:東京都新宿区西新宿6-8-1

代表者:代表取締役社長 清水 学

事業内容:宿泊施設の保有・管理・賃貸事業

資本金:352百万円(今後、出資比率に応じて段階的に増資する予定で最終の資本金及び資本準備金の合計額は6,780百万円の予定)

出資比率:H.H.H.50%、住友林業50%

設立:2018年12月(予定)

出典:住友林業

三重県多気町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、多気町には現在宿泊施設が3、部屋数にして136が提供されている。

同施設は本格的な宿泊施設としては初の展開となる見込み。

両社は、H.H.H.の宿泊施設運営に関するノウハウと住友林業株式会社の木や緑を活かした空間提供ノウハウを相互に活かし、宿泊事業を通じて地方創生に貢献。 アクアイグニス多気へ参画する様々な関係者と連携をし、またHISグループの国内・海外拠点ネットワークを活かして、国内旅行・インバウンド旅行事業からの送客を拡大・強化することにより、旅行事業との大きなシナジー効果を図っていくという。

【合わせて読みたい】

「変なホテル東京 浜松町」オリジナルVR映像サービス開始

HIS、タイAAAの事業停止、豪州ホテル事業2社を減資に

HIS、米ニューヨークにホテル事業子会社設立

全学生留学の下関の東亜大学がHISと包括協定

「変なホテル東京 羽田」10月3日(水)開業

関連記事