ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 比叡山のナイトタイムエコノミー、バスツアー開催

比叡山のナイトタイムエコノミー、バスツアー開催

投稿日 : 2018.12.11

滋賀県

京都府

ホテル関連ニュース

比叡山延暦寺や京阪グループなどにより、比叡山観光の振興を目的として組織された比叡山振興会議では、2018年12月22日(土)、23日(日)、2019年1月12日(土)、13日(日)の4日間、寒い冬の夜こそ美しい京都・滋賀の夜景を案内する「比叡山プレミアムナイトバスツアー」を初開催。

出典:比叡山プレミアムナイトバスツアー

比叡山プレミアムナイトバスツアー

これは、官民が一体となって推進する「ナイトタイムエコノミー」の一環として企画したもので、おごと温泉や大津市内、京都市内に宿泊の顧客を主なターゲットにしている。

JRおごと温泉駅を発着点に、奥比叡ドライブウェイと比叡山ドライブウェイを通って比叡山を縦走する約2時間のバスツアー。峰道のマジックアワー(日没後に数十分程体験できる薄明の時間帯)の夕景や比叡山頂の星空のほか、登仙台・夢見が丘からは京都・大阪・滋賀の1000万ドルの夜景を楽しめる行程となっている。

また、ツアーには地元に精通したガイドが同行。12月22日(土)は、びわ湖大津観光協会事務局長の田中眞一氏が、12月23日(日)、2019年1月12日(土)、13日(日)は、比叡山延暦寺参拝部主事の星野最宥氏が、比叡山からの夜景を案内する。

この冬、歴史・文化と美しい自然に加え、美しい夜景を満喫できる「比叡山・びわ湖」観光ルートを楽しめる。

【企画の概要】

開催日:2018年12月22日(土)、23日(日)、2019年1月12日(土)、13日(日)

行程:16:55 おごと温泉港~

17:00 JRおごと温泉駅(JR京都駅から湖西線で約21分)~⇒峰道(マジックアワーの滋賀・びわ湖の夕景) ⇒山頂駐車場(山頂からの夜景と360°の星空)⇒登仙台(京都・大阪と滋賀・びわ湖の夜景を見比べ)⇒夢見が丘(温かいドリンクの提供)~ 18:50 おごと温泉港~18:55 JRおごと温泉駅

料金:一人2,500円(税込) ※子ども料金なし

主催:江若交通株式会社

後援:比叡山振興会議

協賛:公益社団法人びわこビジターズビューロー

協力:公益社団法人びわ湖大津観光協会、みーつ びわ湖・大津 実行委員会、おごと温泉観光協会

比叡山振興会議は、比叡山延暦寺をはじめ京阪ホールディングス株式会社、京福電気鉄道株式会社など比叡山に係る事業者14者で比叡山観光の振興を目的として1989年に組織された団体。ポスター、パンフレット、ホームページ等での情報発信や比叡山への誘客行事などを行っている。

滋賀県大津市宿泊施設展開状況

比叡山延暦寺は京都府京都市と滋賀県大津市にまたがる。メトロエンジンリサーチによると、大津市には宿泊施設が111、部屋数にして3,347が提供されている。

新規開業予定は確認できなかった。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

大津市ではゲストハウスやペンション、ロッジなどの簡易宿所も多く展開している。

【合わせて読みたい】

アパホテル〈びわ湖 瀬田駅前〉本日11月1日プレオープン

商店街の空き家をホテルに「講 大津百町」グッドデザイン賞

「東横INN琵琶湖線南草津駅西口」本日8月8日開業

関連記事