ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 変なホテル大阪 西心斎橋「RoBoHoNルーム」サービス開始

変なホテル大阪 西心斎橋「RoBoHoNルーム」サービス開始

投稿日 : 2019.05.17

大阪府

ホテル関連ニュース

H.I.S.ホテルホールディングスは、「変なホテル大阪 西心斎橋」(大阪市中央区)にて世界初となるホテルにおける「RoBoHoN(ロボホン)ルーム」のサービスを開始。5月17日より「ロボホンルームプラン」の予約受付を開始する。

客室でロボットによるコンシェルジュサービスを展開

出典:HIS

「変なホテル大阪 西心斎橋」の3階をロボホンルームフロアとし、フロア内全15室に、シャープ社が開発するモバイル型コミュニケーションロボット「ロボホン」の着座タイプ「RoBoHoN lite」<SR-05M-Y>を設置。

客室に設置されたロボホンが、宿泊者の専属コンシェルジュとなり、ホテル館内情報の案内や、観光情報、天気、ニュースなどをご案内するとともに、歌やダンスはもちろん、クイズや物語を読むなど、コミュニケーションも強化され、客室内での新しい体験を提供する。 

ロボホンが宿泊客にむけて、客室の案内をはじめ、宿泊客が翌日のチェックアウト時間やWi-Fiのパスワードなど、ホテルに関する質問をすると、ロボホンが回答する。

他にも、さまざまな名作文学を朗読してくれる「読み聞かせ」や、楽曲や鼻歌を聞かせるとその曲のアーティスト名やタイトルを教えてくれる「この曲何?」のほか、すぐに遊ぶことができるミニゲームなど、顧客に楽しんでもらえるアプリケーションも利用できる。 

今後、バージョンアップにより、定期的におすすめの情報を話しかけてくるようになるほか、モーニングコールやタクシーの配車機能、客室内の空調、照明、TVの操作やフロントへの連絡や、顧客に応じて言語や情報が変わっていくなど、シャープ社と連携し、さらに利便性を高める進化した客室でのロボットサービスを提供していく予定だという。

出典:HIS

【合わせて読みたい】

HISホテル、今後の事業展開発表、国内外に開業を加速

「変なホテル京都 八条口駅前」2019年3月29日開業 

変なホテルが2019年大阪、京都の関西地域で相次ぎ開業

「変なホテル大阪 西心斎橋」2019年3月14日(木)開業

関連記事