ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 箱根、噴火警戒レベル「2」へ、大涌谷周辺規制

箱根、噴火警戒レベル「2」へ、大涌谷周辺規制

投稿日 : 2019.05.20

神奈川県

ホテル関連ニュース

気象庁より噴火警戒レベル「2」(火口周辺規制)が発表されたことに伴い、箱根町では大涌谷火口周辺に立ち入り規制エリアを設定した。

これに伴い、立ち入り規制エリアに拘る以下、一部道路、サービスは利用できない。

箱根ロープウェイ:桃源台駅~大涌谷駅~早雲山駅の全線
道路:県道734 号線(大涌谷三差路~大涌谷駐車場)約1km※早雲山〜湖尻への通り抜けはできる。
ハイキングコース:防ケ沢~駒ヶ岳~大涌谷~早雲山駅および姥子駅の全長約3km

出典:箱根町観光協会

メトロエンジンリサーチによると、神奈川県箱根町には宿泊施設が356、部屋数にして7,804室が提供されている。大涌谷周辺半径1キロ圏内には宿泊施設が53、部屋数にして1,131室が提供されている。

【合わせて読みたい】

箱根小涌園ユネッサン、名前に「令」「和」が入った人は入場半額!

ホテルグリーンプラザ箱根 「和のこころ~なごみと癒しの日本フェア」

一の湯「ススキの原一の湯別館」2019年8月開業

箱根町が2017年入込観光客数を発表、火山活動以前の2,000万人を回復ー民泊展開と合わせて

神奈川県ホテル展開状況(2019年1月現在)

2017年神奈川県入込観光客数、初の2億人の大台へ

関連記事