ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 箱根・天成園に客室タブレット「tabii」が導入

箱根・天成園に客室タブレット「tabii」が導入

投稿日 : 2019.11.28

神奈川県

インバウンド

and factory株式会社は、箱根湯本温泉「天成園」にホテル・旅館向け客室内タブレットサービス『tabii』を導入した。省コストで「業務効率化」と「付加価値向上」をサポートする。

業務効率化と客室価値の向上で日本のおもてなしを支援

出典:and factory

この度、『tabii』を導入する“天成園”は、屋上に箱根の大自然を眺めることができる天空露天風呂をはじめ、敷地内にはパワースポットとして知られる「玉簾の瀧」や、箱根神社唯一の分宮である「玉簾神社」など、ゆっくりとくつろげる茶屋も備えており、温泉と庭園の散策を堪能できる箱根の観光スポットのひとつとして、観光客から地元の人々にも親しまれている箱根湯本の温泉宿。

これらの観光情報や各種案内を効率的にゲストに届け、また現場の生産性を向上させる先進的な取り組みとして『tabii』が採用された。

株式会社天成園 フロント支配人 濱田博文氏のコメントは以下の通り。

「この度私ども天成園はand factory様が運営する客室タブレット『tabii』を導入する事になりました。導入する背景として情報化が進みペーパーレス社会となったホテル業界でもお客様へより分かりやすい情報をお届けしなければなりません。そこでお客様が知りたい情報や館内案内等を掲載する事はもちろんお部屋でエンタメ動画等の娯楽も楽しんで頂く事により一層のサービスをお届けできると思います。また、お客様のQ&Aを掲示する事により業務効率化を計りサービス向上を期待しております。」

【合わせて読みたい】

テクノロジーで宿泊業界を変える「and factory」の戦略とは

スマートホステル「&AND HOSTEL」心斎橋と南千住に開業

「&AND HOSTEL 」が浅草と三ノ輪に連続開業

客室タブレット「tabii」レンブラントホテル厚木に導入

関連記事