ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 客室タブレット「tabii」レンブラントホテル厚木に導入

客室タブレット「tabii」レンブラントホテル厚木に導入

投稿日 : 2019.11.13

神奈川県

インバウンド

and factory株式会社は、株式会社レンブラントホテルマネジメントが運営するレンブラントホテル厚木にホテル・旅館向け客室内タブレットサービス「tabii」を導入した。

シティホテル初、業務効率化と客室価値の向上を省コストで

出典:and factory

「tabii」は月額無料で利用できる宿泊施設向け客室タブレットサービス。

ゲストは館内案内やホテル周辺の観光やグルメなど各々のニーズに応じた情報を得ることができるほか、エンタメ動画を楽しむことができ、客室内にタブレットがあることで滞在中の満足度を高めるもの。

また一方で宿泊施設においては、ゲストからのよくある質問を「tabii」がコンシェルジュのように応えることで、スタッフの業務軽減を図ることができる。これにより、省コストで「業務効率化」と「付加価値向上」を実現する。

レンブラントホテル厚木は、観光・レジャーやビジネス、コミュニティの集まりや婚礼など多くの人々に利用されている地域密着型のシティホテル。ホテル周辺には自然豊かな観光スポットがあり、イベントも開催されている。

tabiiの導入により、これらの観光情報や各種案内を効率的にゲストに届け、また現場の生産性を向上させる先進的な取り組みとして採用された。

tabii導入施設として初のシティホテルとなるという。

同ホテルに導入されるtabiiは、ベーシックな機能に加え内線電話を搭載しており、客室の内線電話機設置を不要とし、PBX設置にかかる設備費用も抑えることを実現している。

出典:tabii

【合わせて読みたい】

テクノロジーで宿泊業界を変える「and factory」の戦略とは

客室タブレットtabiiが「アリストンホテル京都十条」に導入

「tabii」がアクティビティ体験型観光プラン予約機能サービス

客室タブレット「tabii」がIT導入補助金の対象ツールに

関連記事