ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「HafH Fukuoka THE LIFE」2020年2月1日開業

「HafH Fukuoka THE LIFE」2020年2月1日開業

投稿日 : 2020.01.16

福岡県

新規ホテル情報

株式会社KabuK Styleは、定額制住居サービス「HafH(ハフ)」のコリビング施設として、九州における旗艦店『HafH Fukuoka THE LIFE』(福岡市博多区祇園町8-13、101床)を2020年2⽉1⽇にオープンする。

コンセプトは“それぞれの人(LIFE)が交わる場所”

出典:KabuK Style

同社は定額制住居サービス「HafH(ハフ)」の旗艦店として「HafH Fukuoka THE LIFE」を福岡の中心地に2020年2月1日グランドオープン。

魅力溢れる福岡市の中心地、博多駅から徒歩圏内。大型ショッピングモール「キャナルシティ博多」やサウナーにも人気の「ウェルビー博多」にも隣接。天神や中洲までも徒歩圏内と非常に便利なロケーションにある。2022年度には目の前に地下鉄新駅が開業を予定しているという。

家族や友人のグループ旅行などでの利用に適しており、最大6名まで同じ部屋に滞在可能。サブエントランスを兼ねたテラスでは、レンタルサイクルを利用できる。

福岡県朝倉市で自転車屋を営む『Bike is life.』とのコラボレーション企画で、地元福岡県で生まれた自転車に乗って、福岡の街を隅々まで散策してもらいたいという願いを込め、施設のエントランスにてレンタサイクルサービスを提供する。

また、オープンに先駆けて、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」を通じて、1泊820円〜とお得な宿泊チケットなどを販売するプロジェクトを開始するという。

出典:KabuK Style

【同施設 概要】
所在地:福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル
面積:1階 314.26㎡(95.07坪)、2階 634.04㎡(191.79坪)
ベッド数:合計101床(ドミトリー:44床、個室 / 定員2名:10室、定員5名:3室、定員6名:2室)

福岡市博多区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、福岡市博多区には宿泊施設が313、部屋数にして24,194室が提供されている。

新規開業予定は13施設、部屋数にして2,254室が新たに供給される見込み。

同区内にはホステルが102施設、ドミトリーが10施設と多数展開している。

【合わせて読みたい】

ANAセールス、パソナJOB HUB、KabuK Styleが連携

定額制住み放題サービス「HafH」利用可能拠点22追加

「HafH(ハフ)」利用可能施設18拠点追加、計23拠点へ

定額で世界中に住み放題「HafH」クラウドファンディング

福岡県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

福岡県ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事